原発性出血

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 原発性出血性血小板増多症の1例
  • Busulfanが著効を呈した原発性出血性栓球血病の一例〔英文〕
  • 島田 勝政
  • 倉敷中央病院年報 43(1・2), 79-87, 1975-10
  • NAID 40000810756

関連リンク

脳内出血という病気の病態と治療について 脳内出血とは 脳内出血という病気は脳の実質内に出血を起こした状態で外傷性と非外傷性があります。非外傷性脳内出血は一般に突発性といわれ、脳卒中発作の約10%を占めます。
原発性胆汁性肝硬変が最も多いのは35~70歳の女性ですが、男性やこれ以外の年齢層の女性にも発症します。家族内で発症する傾向があります。原因ははっきりしていませんが、おそらく自己免疫反応(免疫系が自分自身の組織を攻撃 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事原発」「原発性」「」「出血

原発」

  [★]

primary
一次一次的一級原発性主要初生第一次第一級プライマリプライマリー


原発性」

  [★]

primary
二次性続発性
  • 他の病気の結果として起こる病気ではなく、その病気自体が原因となる疾患を示す


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡