卵黄嚢造血

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 転写因子による造血幹細胞の制御機構 (転写因子の機能--転写制御複合体形成のダイナミクス) -- (転写因子の活性化とシグナル応答)
  • 胎盤じゅう毛マクロファージの細胞病理学的研究 2  Hofbauer細胞の起源,特に卵黄嚢造血との関連について:特に卵黄嚢造血との関連について

関連リンク

血球の起源について次の内容を概説する。血液の概略、血球の起源:卵黄嚢の周りから血球と血管が生じる。一次造血は卵黄の栄養素を胚に送る名残。二次造血は胚のAGM領域にて始まる。胎生期の造血の場はやがて肝臓に移動する。
血液の発生起源を辿るとどこに行き着くのか――。これは長い間研究者の間で意見の分かれる問題だった。 造血には2つの段階が知られ、一つは、発生初期に胚体外の卵黄嚢と呼ばれる組織で起こり、胚に一時的に血液を供給する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事造血」「卵黄」「」「卵黄嚢

造血」

  [★]

hematopoiesis
hemopoiesis
血液

造血部位

  • 胎児:(-3ヶ月)卵黄嚢、肝臓、脾臓(2-10ヶ月。4ヶ月がピーク)、骨髄(4ヶ月以降)
  • 成人:骨髄



卵黄」

  [★]

yolk, yolk of eggs, egg yolk, vitellus, vitelline
卵黄膜


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


卵黄嚢」

  [★]

yolk sac
saccus vitellinus
卵黄包







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡