化生

出典: meddic

metaplasia
異所性分化 heterotopic differentiation
組織学的適応



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/14 17:40:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アンモニウムジニトラミドの熱分解機構および分解速度に関する研究 (高エネルギー物質研究会 平成23年度研究成果報告書)
  • 松永 浩貴,羽生 宏人,三宅 淳巳
  • 宇宙航空研究開発機構研究開発報告 JAXA-RR-11-005, 9-24, 2012-03
  • … 活性化エネルギーが低く,実貯蔵試料の分解量と近い値をとった.ADN のように温度によって分解機構が変化する物質については昇温試験では正確な寿命予測ができない可能性があることが示された.ADN に経時変化生成物である硝酸アンモニウム(AN)を混合した試料のTG-DTA-MS の結果,ADN 単体では観測された低温側での発熱およびガス生成が観測されなかった.AN の解離により生じたHNO_3 が系の酸強度を低下させることにより,HN( …
  • NAID 110008919277
  • 混合ハーブ抽出物と2つの生薬からなる新規ハーブ混合物の抗糖化作用 : 短期および長期の影響
  • 田村 隆朗,八木 雅之,埜本 慶太郎,米井 嘉一
  • 同志社大学理工学研究報告 52(4), [244]-252, 2012-01
  • 混合ハーブ抽出物(MHE)は抗糖化作用が既に報告されている。HMEはローマカミツレ・セイヨウサンザシ・ドクダミ・ブドウ葉の熱水抽出物である。HMEは漢方薬とみなすことができる。漢方薬では、構成生薬の追加が元の効能を変化させることが知られている。HMEに生薬である生姜・山椒を加えカプセルに充填した試験食を作成し、それが抗糖化作用を示すか調べた。またQOLへの影響を調べた。対象者は12名で、血糖正常群 …
  • NAID 110008792051

関連リンク

化生(かせい)とは、後天的におこる細胞の分化形質の異常である。分化成熟したある 細胞が他の分化成熟した細胞の形態に変化することであり、可逆的な変化である。 代表 的なのは気管支の呼吸線毛上皮は喫煙者の場合は重層扁平上皮に変化するといった現象 ...

関連画像

鼻炎(アレルギー性)ミクロ像 胃の洞の腸上皮化生(写真中央 扁平上皮化生を伴うワルチン 貯留を伴う好酸性細胞化生 腸上皮化生 - Intestinal metaplasia腸上皮化生の画像 - 原寸画像


★リンクテーブル★
リンク元metaplasia
拡張検索腸上皮化生」「化生性ポリープ」「扁平上皮化生

metaplasia」

  [★]

  • 化生
  • Reversible change in which one adult cell type (epithelial or mesenchymal) is replaced by another adult cell type


腸上皮化生」

  [★]

intestinal metaplasia
化生胃腺消化器系#上皮の移行



Stomach intestinal_metaplasia_CBT_QB_vol2.jpg:胞体が白く抜けているのが杯細胞。腺の基底には赤色で染まるパネート細胞が存在する。


化生性ポリープ」

  [★]

metaplastic polyp
大腸過形成性ポリープ hyperplastic polyp of large intestine、過形成性ポリープ
過形成



扁平上皮化生」

  [★]

squamous metaplasia
表皮化生 epidermization
化生





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡