化学的損傷

出典: meddic

chemical injury
化学損傷化学傷害



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 外傷 (特集 視覚障害の早期発見と治療)
  • 日本医師会雑誌 = The Journal of the Japan Medical Association 144(9), 1831-1834, 2015-12
  • NAID 40020666390
  • 各種産業廃棄物処理炉向け耐火物の化学的損傷事例について (耐火物の環境問題への貢献)
  • 損傷 : 化学的損傷 : 3つのポイント

関連リンク

用語名 化学的損傷 読み仮名 カガクテキソンショウ 分野名 口腔外科総論 用語解説 ・強酸や強アルカリ、重金属等による損傷で、発赤、水疱、糜爛、潰瘍等を生じ灼熱感や疼痛を伴う ・表皮から真皮にわたる凝固壊死をみることもある
化学損傷。化学損傷とはどんな外傷か 化学損傷とは、本来、化学物質が人体に及ぼす毒作用全般の総称と定義されますが、一般的には化学物質での直接損傷による皮膚や粘膜の組織傷害のことをいっています。 私たちの身のまわり goo ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元化学損傷」「化学傷害
関連記事損傷」「化学」「化学的」「

化学損傷」

  [★]

chemical injury
化学的損傷化学傷害



化学傷害」

  [★]

chemical injury
化学的損傷化学損傷

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html


化学」

  [★]

chemistrychemicalchemochem
化学製品化学的化学薬品ケミカルケミストリー

化学的」

  [★]

chemicalchemically
化学化学製品化学薬品ケミカル

傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡