化学損傷

出典: meddic

chemical injury
化学的損傷化学傷害


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 教育講演 周術期における急性期皮膚障害発生のメカニズムと予防・治療 (第33回総会特集(3))
  • 寺師 浩人
  • 日本手術医学会誌 33(3), 259-266, 2012-08
  • NAID 40019433265
  • フッ化水素酸による手指化学損傷の経験
  • 北川 恵理,西村 剛三,今泉 敏史,芳原 聖司,三宅 啓介
  • 熱傷 : 日本熱傷学会機関誌 = Japan journal of burn injuries 37(5), 303-308, 2011-12-15
  • NAID 10030394586

関連リンク

化学損傷とはどんな外傷か. 化学損傷とは、本来、化学物質が人体に及ぼす毒作用 全般の総称と定義されますが、一般的には化学物質での直接損傷による皮膚や粘膜の 組織傷害のことをいっています。 私たちの身のまわりで皮膚や粘膜に傷害を来す化学 ...
化学(損傷)熱傷 (chemical injury/burn ) ... 作用機序は、基本的には化学的作用による 蛋白凝固壊死である。 ... 高熱による熱傷では接触開始とともに破壊が始まり、除去され ると停止するが、化学熱傷では化学反応とともに進行し、除去されても内部に浸透した ...

関連画像

屋根瓦の損傷 posted by (C 図1:負傷における種類別発生 損傷 12 日 目 損傷 部 は 上皮 度熱傷では水疱がみられます 化学損傷」についての症状 熱傷(やけど)


★リンクテーブル★
国試過去問099B028
リンク元化学的損傷」「化学傷害
関連記事損傷」「化学」「

099B028」

  [★]

  • 塩酸による眼の化学損傷の救急対応で適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099B027]←[国試_099]→[099B029

化学的損傷」

  [★]

chemical injury
化学損傷化学傷害


化学傷害」

  [★]

chemical injury
化学的損傷化学損傷

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html


化学」

  [★]

chemistrychemicalchemochem
化学製品化学的化学薬品ケミカルケミストリー

傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡