副腎アンドロゲン症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

副腎性男性化症は,過剰な副腎アンドロゲンが男性化を引き起こす症候群である。診断は臨床的に行い,デキサメタゾンの抑制を伴う,または伴わないアンドロゲン濃度の上昇によって確定される;基礎にある原因を明らかにするため ...
概念 両側副腎皮質の90%以上が破壊された、慢性の副腎皮質機能低下症 のことで、鉱質コルチコイド・糖質コルチコイド・副腎アンドロゲンの3者の不足状態となる 頻度 10万人に対して4~6人 病因 自己免疫 機序の関連が疑われる ...
アンドロゲン不応症とは何ですか? よくある質問:様々な性分化疾患と性分化疾患に見られる体の状態, 完全性アンドロゲン不応症(CAIS), 部分性アンドロゲン不応症(PAIS) このページを御覧の皆様へ AISをはじめとした性分化疾患 ...

関連画像

 アンドロゲン分泌過剰 精神半陰陽」を含むブログ副腎酵素欠損症とは病態


★リンクテーブル★
リンク元副腎性男性化
関連記事アンドロゲン」「」「副腎」「

副腎性男性化」

  [★]

adrenal virilism
副腎アンドロゲン症副腎性器症候群


アンドロゲン」

  [★]

androgen
男性ホルモン male sex hormone
精巣性アンドロゲン

概念

アンドロゲン

  • アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がない。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%B3)

種類

分類

性状

  • ステロイド

産生組織

  • 卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香環化されてエストロゲンに変換される。

標的組織

受容体

作用

  • アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連



腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ


副腎」

  [★]

adrenal gland (KH), suprarenal gland (Z)
腎上体



解剖

  • 第一腰椎の高さ

血管(図:N.322)

動脈

静脈

  1. ref(renal_gland_av.png,副腎)


組織

  • 皮質
  • 髄質

機能



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡