刑法

出典: meddic

criminal law
医師が関与する法律法令


第134条

(秘密漏示)→秘密漏示罪

  • 医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
  • 2 宗教、祈祷若しくは祭祀の職にある者又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときも、前項と同様とする。


第二十八章 過失傷害の罪

第211条

(業務上過失致死傷等)

  • 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。
  • 2  自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

法令


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/30 18:25:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 科学技術時代と刑法のあり方 : サイボーグ刑法の提唱
  • 刑法におけるリスクと危険性の区別
  • クリスチャン・イェーガー「法におけるパラダイム転換としての敵 : 法治国家防衛のための手段としての敵味方刑法の存在と有用性について」
  • 野澤 充(訳),Nozawa Mitsuru,ノザワ ミツル
  • 法政研究 79(4), 148-114, 2013-03-15
  • NAID 120005227316
  • 「デンマーク刑法における未遂犯規定」
  • カリン・コーニルズ,松澤 伸,岡田 侑大
  • 比較法学 46(3), 295-315, 2013-03-01
  • NAID 110009552204

関連リンク

刑法別冊ノ通之ヲ定ム 此法律施行ノ期日ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム 明治十三年第三十六号布告刑法ハ此法律施行ノ日ヨリ之ヲ廃止ス (別冊) 第一編 総則 第一章 通則(第一条―第八条) 第二章 刑(第九条―第二十一 ...
明治13年第36号布告刑法は此法律施行の日より之を廃止す 第1編 総 則 第1章 通 則 (国内犯) 第1条 この法律は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用する。 2 日本国外にある日本船舶又は日本航空機内に おいて罪を犯した ...
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 刑法の用語解説 - いかなる行為が犯罪となり,それにいかなる刑が科せられるかという,罪と罰の具体的内容を規定する法をいう。刑法の機能としては,刑罰権の発動により法益侵害を抑止し法 ...

関連画像

請問法律專家大大:「依刑法  刑法返回刑法総論 第5版刑法の全体像を描き出す返回刑法総論(犯罪論)


★リンクテーブル★
先読み法令
国試過去問106E030」「097G011
リンク元医師が関与する法律」「守秘義務
関連記事

法令」

  [★]

ordinance
  • 法律と命令。地方公共団体の条例・規則や裁判所の規則などを含めていうこともある。

参考

  • 1. 法令データ検索システム
[display]http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

106E030」

  [★]

  • 医師の届出義務と関連する法律の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E029]←[国試_106]→[106E031

097G011」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097G010]←[国試_097]→[097G012

医師が関与する法律」

  [★]

法令

医師が関与する法律

医師が間接的に関与する法律

コメディカルが関する法律

医師の届出義務

参考

  • 法令データ提供システム

守秘義務」

  [★]

confidentiality
法令
  • 看護師については保健師助産師看護師法で規定。エイズ患者に関する秘密の漏洩は感染症法で規定。

刑法:第134条

秘密漏示
  • 医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

刑事訴訟法:第149条

  • 医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職に在る者又はこれらの職に在つた者は、業務上委託を受けたため知り得た事実で他人の秘密に関するものについては、証言を拒むことができる。但し、本人が承諾した場合、証言の拒絶が被告人のためのみにする権利の濫用と認められる場合(被告人が本人である場合を除く。)その他裁判所の規則で定める事由がある場合は、この限りでない。


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡