出力細胞

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小脳・マシンインタフェースによる単一Purkinje細胞活動と運動学習の因果関係直接評価法(バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング)
  • 片桐 和真,田中 良幸,平田 豊
  • 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム J95-D(5), 1304-1311, 2012-05-01
  • … 身体運動の制御と学習の中核は小脳が担っている.小脳皮質神経回路を構成する細胞タイプのうち,Purkinje細胞は唯一小脳外へ軸索を伸ばす出力細胞である.これまでの研究により,Purkinje細胞の発火頻度は,筋系を駆動するための運動指令をコードしているものと考えられている.したがって,運動の学習はPurkinje細胞発火頻度パターンが変化することにより実現されるものと考えられている.こうした知見は,主に動物を用いた行 …
  • NAID 110009444746
  • 学習により自己チューニング可能なRadial-Basis Function Networksによる声紋認証手法の提案
  • 佐藤 公信,竹田 史章
  • 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 2011-MUS-89(19), 1-4, 2011-02-04
  • … 本研究は新たな声紋認証手法の開発を目的とする.提案システムは特徴量抽出に Fast Fourier Transform を用い,識別器に未知のパターンに対して排除能力が優れた Radial Basis Function Networks(RBFN) を用いる.提案手法は RBFN の出力細胞数を 1 としているために,特定個人の認識と未知のパターンの排除に優れると予測される.実験により認証対象者となる被験者の未学習データを評価し,提案手法の認証率および排除率を確認する. …
  • NAID 110007986263
  • 小脳ブレインマシンインターフェースによるモータ適応制御
  • 片桐 和真,田中 良幸,平田 豊
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 109(461), 197-200, 2010-03-02
  • … 身体運動の制御と学習の中核は小脳が担っている.小脳皮質神経回路を構成する細胞タイプのうちPurkinje細胞は,唯一小脳外へ軸索を伸ばす出力細胞である.これまでの研究により,Purkinje細胞の発火頻度は,筋系を駆動するための運動指令をコードしていることが示されている,したがって,運動の学習はPurkinje細胞発火パターンが変化することにより実現されるものと考えられる,こうした知見は,主に動物を用いた行動実験とPur …
  • NAID 110008004299

関連リンク

嗅球の出力ニューロン(僧帽細胞など)は、嗅細胞から匂いの情報を受け取り、それを脳の高次嗅覚中枢(嗅皮質など)に伝達します(図1)。嗅球には、出力ニューロンの他にも種々の抑制性・興奮性の介在ニューロンがあり、局所 ...
ここで透過光FTMだけは図2の場合と異なり、図3のR軸0での透過光の出力を示す。細胞のシースフロー内での通過に従って時刻T11、T12、T13で各出力が変動する。信号処理回路22では、FSCと 【0028】ここで ...

関連画像

参考文献>Kandel et al. Principles  出力に対応したDRG細胞の細胞膜 (On-C型)神経節細胞の受容野網膜出力細胞から第1次視覚野


★リンクテーブル★
関連記事出力」「細胞

出力」

  [★]

outputoutflow
結果産出量排出量拍出拍出量流出流出量


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡