内因性オピオイド

出典: meddic

endogenous opioid




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 喫煙患者における術後鎮痛剤使用量
  • 市川 順子/倉田 二郎/西山 圭子/小高 光晴/小森 万希子
  • 東京女子医科大学雑誌 81(5), 372-376, 2011-10-25
  • … ニコチンは内因性オピオイド系に作用し、鎮痛作用を生じるが、入院期間中は禁煙の必要があり、急激なニコチン断絶により疼痛閾値の低下が予測される。 …
  • NAID 110008672490
  • 痛みの伝達神経路と痛覚変調
  • 鈴木 和夫
  • 東海大学紀要. 開発工学部 19, 1-10, 2010-03-31
  • 内因性オピオイドを含むシナプスがPAG に発見され、オピオイドは視床下部から調節されている可能性が言われている。 …
  • NAID 110007554401

関連リンク

オピエート:モルヒネ、アヘンアルカロイド オピオイド:オピエート類縁物質 opium-like 内因性オピオイドペプチド:生体内で産生されるオピエート類縁物質 鎮痛作用のほか、快感をもたらす:脳内麻薬
オピオイドは鎮痛薬です。手術中・手術後の痛み、外傷による痛み、分娩時の痛み(陣痛)等の急性痛や、がんによる痛み、神経が損傷された後などに長期間続く慢性痛に対して鎮痛薬として用いられます。投与方法には経口投与、経 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元エンケファリン」「endogenous opioid」「内因性オピエイト
拡張検索内因性オピオイドペプチド
関連記事オピオイド」「内因性」「内因」「イド」「

エンケファリン」

  [★]

enkephalin
神経伝達物質オピオイドペプチド


  • 5残基からなる。C末端のアミノ酸により2種類に分けられる
  • 内因性オピオイド = 内因性モルヒネ様ペプチド

種類 (GOO.549)

Y-G-G-F-M
Y-G-G-F-L

受容体

enkephalin receptor GOO.149
痛覚抑制

作用

  • 神経伝達物質
  • 修飾物質

脊髄後角、下腸間膜動脈神経節におけるエンケファリンの作用 (SPC.80)



endogenous opioid」

  [★]

  • 内因性オピオイド


内因性オピエイト」

  [★] 内因性オピオイド


内因性オピオイドペプチド」

  [★]

[[]]
オピオイドオピオイド受容体


オピオイド」

  [★]

opioid
類麻薬
オピオイド受容体


作用

縮瞳

  • モルフィンと多くのμ,κアゴニストは瞳孔の縮小を引き起こす。これは瞳孔を支配する副交感神経の興奮による。μアゴニストを中毒量投与すると縮瞳し、pinpoints pupupilsはpathognomonicである。(GOO.559)

オピオイドとオピオイド類似物質の作用

GOO.552
Drugs  RECEPTOR TYPES
μ受容体 δ受容体 κ受容体
morphine +++  
methadone +++    
etorphine +++ +++ +++
levorphanol +++    
fentanyl +++    
sufentanil +++
DAMGO +++    
butorphanol P   +++
buprenorphine P   ーー
naloxone ーーー ーー
naltrexone ーーー ーーー
CTOP ーーー    
diprenorphine ーーー ーー ーーー
β-funaltrexamine ーーー ++
naloxonazine ーーー
nalorphine ーーー  
pentazocine P   ++
nalbuphine ーー   ++
naloxone benzoylhydrazone ーーー
bremazocine +++ ++ +++
ethylketocyclazocine P +++
U50,488     +++
U69,593     +++
spiradoline   +++
nor-Binaltorphimine ーーー
naltrindole ーーー
DPDPE   ++  
[[[[D-Ala2,Glu4]deltorphin]]   ++  
       
DSLET ++  
endogenous Peptides       
met-enkephalin ++ +++  
leu-enkephalin ++ +++  
β-endorphin +++ +++  
dynorphin A ++   +++
dynorphin B +++
α-neoendorphin +++
+アゴニスト ーアンタゴニスト P partial agonist

各鎮痛薬のオピオイド受容体への作用

         μ受容体 κ受容体
レミフェンタニル +++  ー
フェンタニル   +++  -
モルヒネ     +++  +
ペチジン     ++   +
トラマドール   +    -
ペンタゾシン   ー    ++
ブプレノルフィン P    ー
ナロキソン    ー    -




内因性」

  [★]

endogenousintrinsicendogenously
固有内因的内在性内生内在内在的


内因」

  [★]

internal cause
病因外因



イド」

  [★]

id
エス


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡