全末梢血管抵抗

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Differences in Femoral Artery Blood Velocity among Active, Inactive and Passive Recovery Modes Following Knee Extension and Flexion Exercise (膝の伸展と屈曲運動後の活動,非活動及び受動回復モードにおける大腿部大動脈血流速度の違い)
  • 高橋龍尚,Saito Tadashi,Okada Akiyoshi,Matsuo Takashi
  • Therapeutic Research 27(7), 1393-1403, 2006-7
  • … 後5秒間にMBVは一時的に増加し,続いて急速に減少し,その後緩やかに減少した.5分後のMBVは活動回復で有意に高値となり,続いて受動回復,非活動回復の順であった.平均動脈圧(MAP)/心拍出量(CO)より算出した全末梢血管抵抗(TPR)は,MBVとは逆の結果となった.CO及び酸素摂取量(VO2)は始めの1分間で急速に減少し,その後緩やかに減少して運動前のレベルに戻った.運動後の回復時には,非活動回復に比べ,余分な酸素を消費しない受動 …
  • NAID 80019077954
  • (内科学)実験的僧帽弁閉鎖不全症モデル犬における持続型ISDN製剤(EV151)の効果
  • 長澤 裕,高島 一昭,増田 裕子,片岡 智徳,久野 由博,蒲 直樹,山根 義久
  • The journal of veterinary medical science 65(5), 615-618, 2003-05-25
  • … 僧帽弁閉鎖不全症犬7頭を用い,麻酔下でのEV151単回投与による血行動態および心機能の変化について観察した.心臓の前負荷を反映する肺動脈楔入圧,左室拡張期圧および心臓の後負荷を反映する心拍出量,全末梢血管抵抗はEV151の投与により有意な改善を示した.ISDNとして2mg/kgを投与した群では軽度の改善が見られ,8および16mg/kgを投与した群では著しい改善が認められた.また,8mg/kg群と16mg/kg群の間に有意さは認められなかっ …
  • NAID 110003886223

関連リンク

血圧状態のカギを握る心拍出量と末梢血管抵抗について説明しています。

関連画像

全末梢抵抗 に関係する 公開 細動脈の拡張と収縮画像


★リンクテーブル★
関連記事血管」「抵抗」「末梢」「血管抵抗」「末梢血

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



抵抗」

  [★]

resistanceresiststandwithstandresistant
位置群落静置耐性耐える立つ抵抗性スタンド抵抗力



末梢」

  [★]

peripheryperipheral
周辺性末梢神経末梢神経性末梢性周辺
中枢


血管抵抗」

  [★]

vascular resistance VR
血流抵抗 flow resistance



末梢血」

  [★]

peripheral blood
末梢血液




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡