先天奇形

出典: meddic

congenital malformation, congenital anomaly
先天奇形症候群、先天性奇形




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/11 15:08:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 研究・症例 Pseudo-scimitar syndromeの1例
  • 福岡 篤彦,坂口 和宏,鵜山 広樹 [他]
  • 日本胸部臨床 71(5), 500-505, 2012-05-00
  • NAID 40019314121
  • 副陰嚢の1例
  • 銭谷 昌弘,佐々木 隆士
  • 日本小児外科学会雑誌 48(1), 86-91, 2012-02-20
  • … を施行した.病理組織学的検索にて皮下に肉様膜組織の存在と成熟脂肪組織の増生を認め,副陰嚢と診断した.術後経過は良好で,術後18か月の現在再発は認めず外来にて経過観察中である.副陰嚢は稀な陰嚢の先天奇形で,泌尿生殖器奇形や直腸肛門奇形などの合併奇形に関する報告があるが,特に脂肪腫の合併が多く報告されている.自験例でも明らかな脂肪腫とはいえないものの脂肪組織の増生を認め,副陰嚢の発生学的要 …
  • NAID 110009438977

関連リンク

グレース・マクダニエルスは1888年、アイオワ州ニューマ近郊で普通の家庭に生まれた 。彼女の顔は濃い紫色の痣があり、それが肥大化して彼女の顔を覆っていた。”人を 気絶させる”とまで言われたその容貌にもかかわらず、内面は非常に穏やかであり、多く の ...
鳥取県立中央病院勤務時代、春になると看護学生に小児科学を教えますが、決まって 最初に話すのが、このテーマでした。講義風に解説を進めてみます。 「先天異常とは、 生まれたときに外観的に分かる奇形や心臓など内臓奇形があるとき、そして、代謝異常 ...

関連画像

奇形症候群の画像 p1_16前へ 次へIMG_9470.JPG2013010802.jpgkikeizi-2.jpg前へ 次へ


★リンクテーブル★
国試過去問102A001
リンク元妊娠糖尿病
拡張検索多発性先天奇形
関連記事」「奇形」「先天

102A001」

  [★]

  • a. 妊娠初期は経口血糖降下薬で管埋する。
  • b. 妊娠初期の血糖コントロールが不良の場合は先天奇形の頻度が高い。
  • c. 羊水過多症の合併頻度が増える。
  • d. 分娩後はインスリン必要量が減少する。
  • e. 新生児低血糖に注意する。
[正答]


※国試ナビ4※ [    ]←[国試_102]→[102A002

妊娠糖尿病」

  [★]

gestational diabetes mellitus GDM, gestational diabetes
妊娠性糖尿病
糖尿病糖代謝異常妊娠


定義

  • 妊娠により発生した妊娠中にのみ認められる糖代謝異常合併妊娠で、分娩後に改めて糖負荷試験を行うと、正常化する疾患概念
  • 妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常である。あきらかな糖尿病(overt diabetes)は含めない。(参考1)

危険因子

NGY.429
  • 糖尿病の家族歴の有無、巨大児の分娩の有無、先天奇形の分娩歴の有無、原因不明の流産歴・早産歴・死産歴の有無、35歳以上、肥満者、尿糖陽性者

合併症

G10M.164 参考1

母体

  • 流産、早産

胎児

新生児

妊婦の妊娠糖尿病のスクリーニング

  • 食後血糖値
  • 正常食(約400-600lcal)摂取後2-4時間の間に静脈血採取。血糖値が100 mg/dl以上であればOGTT 75gを行う。
  • 100 mg/dlであっても、尿糖(+)、肥満、糖尿病の家族歴、あるいは巨大児出産の既往のいずれかがある場合にもOGTT 75gを行う。

診断基準

新診断基準

参考1,2
  • 初診時およびインスリン抵抗性の高まる妊娠中期に随時血糖値検査を行い、100mg/dl以上の陽性者に対してOGTTを施行して診断
<OGTT判定基準>
・空腹時血糖値≧92mg/dl
・1時間値≧180mg/dl
・2時間値≧153mg/dl
の1点以上を満たした場合に妊娠糖尿病と診断する.
※但し,「臨床診断」における糖尿病と診断されるものは除く.
[show details]

治療・管理

管理

  • 合併症の定期的な評価

管理目標

  • 空腹時血糖 100mg/dl以下、食後2時間血糖値 120mg/dl以下、1日平均血糖値 100mg/dl以下、HbA1c 6%以下

食事療法

  • 分食とする
  • 摂取熱量
  • 妊娠前半:標準体重 x 30 + 150 kcal/日
  • 妊娠後半:標準体重 x 30 + 350 kcal/日

インスリン療法

経口血糖降下薬は胎盤通過性があり、胎児の安全性が確認されておらず、また乳汁中にも分泌されるため、妊娠から授乳がおわるまでは禁忌

分娩後の管理

  • 分娩後6-12週に75g OGTTをおこない、糖尿病の評価を行う。

参考

  • 1. クリニカルカンファレンス1 母体合併症 3)糖代謝異常合併妊娠 - 日産婦誌62巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/62/6209-114.pdf
  • 2.
[display]http://d.hatena.ne.jp/bonbokorin/20100608/p1


多発性先天奇形」

  [★]

multiple congenital anomaly


形」

  [★]

formshapefigureappearance
外見形式形成形態出現品種編成見かけ形をとるフォーム外観成立様子形づくる


奇形」

  [★]

malformation (L), anomaly, deformity, teratism
先天異常先天奇形



先天」

  [★]

congenital
先天性先天的



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡