側底膜

出典: meddic

basolateral membrane
  • 尿細管において、管腔側膜に対してそれ以外の面の膜を指す、と思われる。
  • SP.787では、近位尿細管の血管側の細胞膜を側底膜と定義している

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎排泄とトランスポーター
  • イヌの腸管におけるMonocarboxlate transporter 1(MCT1)の発現(生理学)
  • The journal of veterinary medical science 69(6), 599-604, 2007-06-25
  • NAID 110006318095
  • マウスRSTは側底膜側の有機アニオントランスポーター(OAT3)と共役して有機アニオンの経細胞輸送を促進している
  • 日本薬物動態学会年会講演要旨集 19(0), 130-130, 2004
  • NAID 130005023833

関連リンク

栄養・生化学辞典 - 側底膜の用語解説 - 側底側細胞膜ともいう.小腸粘膜の細胞や尿細管の細胞で,管腔側の細胞膜を頂端側細胞膜(apical membrane)というのに対し,その反対側の膜.
小腸の上皮吸収細胞において、タンパク質の消化について勉強しているのですが、基底膜、側底膜、基底側膜という言葉が出てくるのですが、違いがわかりません。ご存知の方、教えてください!宜しくお願いします!

関連画像

こんな症状が続くと 足底腱膜 足底腱膜とは、踵骨底側の内側 この方は、手術をして、断裂 正面 背面 前方斜め 後方斜め足底腱膜正面 背面 前方斜め 後方斜め

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元チアジド系利尿薬
関連記事側底」「

チアジド系利尿薬」

  [★]

thiazide diuretic, benzothiazide diuretic
サイアザイド系利尿薬
利尿薬利尿薬の作用部位sodium-chloride symporter inhibitorギテルマン症候群

特徴

  • 安価である
  • 有効率が高い
  • 遠位尿細管前半部に作用するらしい
  • Na+とCl-の共輸送体(NCCT)を阻害→Na+,Cl- の再吸収を阻害する

排泄される電解質の変化

  • Na↑、K↑、H↑、Ca↓、Mg↑、Cl↑、HCO3↑、H2PO4
チアジド系利尿薬の慢性使用により体液量が減少し、近位尿細管での再吸収が亢進するため (GOO.755) ??
チアジド系利尿薬自体のDCTでの作用による;NCCTを阻害すると細胞内のNa濃度低下、これにより側底膜でのNa+-Ca2+交換系が亢進することでCa2+の再吸収↑ (GOO.755) → つまり管腔側から受動的に引き込まれるということ。
  • ループ利尿薬と同様の機序による (GOO.755)

チアジド系利尿薬

効能・効果

  • 高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫

禁忌

  • 無尿(効果なし)
  • 急性腎不全(腎機能悪化):緻密斑より下流にチアジド系利尿薬の作用部位があるため、GFRを増加させたい場合にフィードバックがかかりにくいため?(緻密斑は適正量のNaが排泄されていると検出し、GFRを低下させても、下流では想定より多くのNaを喪失し、hypovolemicになる?)
  • 電解質異常

副作用

  • 長期間の使用における副作用:低カリウム血症、高尿酸血症高脂血症耐糖能低下、光線過敏症、脂質代謝障害。高カルシウム血症(YN.C-62) → (利尿薬参照。ループ利尿薬との違いはカルシウムを排泄するかどうか)

低カリウム血症

GOO.756
  • カリウムは抗高血圧作用があるので、チアジド系利尿薬の利尿作用を打ち消してしまう。

耐糖能の低下

GOO.756
  • 低カリウム血症の関与が示唆されている。K+をチアジド系利尿薬と共に投与すると高血糖が改善されるから。


-サイアザイド系利尿薬
-サイアザイド系利尿薬


側底」

  [★]

basolateral
基底外側基底面基底外側部


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡