低分子量ヘパリン

出典: meddic

low-molecular-weight heparin low molecular weight heparin LMW heparin LMWH
低分子量ヘパリン
未分画ヘパリン、ヘパリン血液凝固因子
[show details]

概念




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 帝王切開術後血栓塞栓症予防目的低分子量ヘパリン投与の安全性 : 未分画ヘパリンとの比較
  • 渡辺 尚,薄井 里英,泉 章夫,桑田 知之,松原 茂樹,鈴木 光明
  • 日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 20(1), 77, 2010-06-01
  • NAID 10026710569
  • 下肢静脈エコー検査で術前診断した下肢静脈血栓症を有する開頭術症例での低分子量ヘパリンの経験
  • 高田 大慶,永井 秀政,小割 健太郎,大洲 光裕,杉本 圭司,秋山 恭彦,田中 延子,濱田 千津子,山口 修平
  • 神経超音波医学 = Neurosonology : official journal of Japan Academy of Neurosonology 23(1), 23-26, 2010-04-30
  • NAID 10027726428
  • 肺癌術後血栓症(肺血栓塞栓症・脳梗塞)予防のための周術期管理 : リスク分類に応じた抗凝固療法
  • 羽田 裕司,棚橋 雅幸,森山 悟,鈴木 恵理子,吉井 直子,西田 勉,田中 宏紀,丹羽 宏
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(2), 127-133, 2010-03-15
  • … 抗凝固療法を行った.直前同期間に施行した肺切除155例を対照群とした.【結果】評価群208例中28例に周術期抗凝固療法を行った.術中から抗凝固療法を施行したのは7例(未分画ヘパリン(UFH)2例,低分子量ヘパリン(LMWH)5例)で,残る21例は術直後から低用量未分画ヘパリン(LDUH)を用いた.対照群に3例(2%)の血栓症発症を認めていたが,評価群には認めず,発症率は有意に低下した(p=0.04).術中出血量は …
  • NAID 10026475193

関連リンク

血液・呼吸器内科のお役立ち情報 北陸から良き内科医を、そして世界に通用する血液と呼吸器の専門医を育てる ... フラグミン(ダルテパリン)、クレキサン(エノキサパリン)とは:低分子ヘパリン ダルテパリン & エノキサパリン ...
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 ヘパリン
1.はじめに 近年,ヘパリンに類似の薬理作用を示すヘパ リン類やヘパリン構造を基本骨格とする合成ヘ パリンが開発されているが,本稿では本邦にお いて効能・効果が承認され,汎用されているヘ パリンおよび低分子ヘパリンの ...

関連画像

エノキサパリンナトリウムの ヘパリンの画像 p1_19分子量の画像-p1_35-S : :1ヘパリンの画像 p1_31抗凝固薬の作用部位ヘパリンの画像 p1_25rasterトップページへ


★リンクテーブル★
先読み血液凝固因子
リンク元エノキサパリン」「LMW heparin」「LMWH」「low molecular weight heparin」「低分子ヘパリン
関連記事ヘパリン」「リン」「」「分子量」「低分子量

血液凝固因子」

  [★]

coagulation factor (Z), clotting factor, blood coagulation factor, blood coagulation factors
ビタミンK



血液凝固因子

  • PT.261
名称 同義語 分子量

(kDa)

血漿中濃度

(μg/ml)

半減期

(day)

内因系のプロ酵素 XII Hageman因子 80 29 2
  プレカリクレイン Fletcher因子 88 45  
  XI PTA 160 4 2.5
ビタミンK依存 VII proconvertin 50 0.5 0.2
凝固プロ酵素 IX Christmas因子 57 4 1
  X Stuart因子 57 8 1.5
  II プロトロンビン 70 150 3
補助因子 III 組織因子   0  
  血小板ホスホリピド        
  高分子量キニノゲン   120 70  
  V proaccelerin 330 7 1.5
  VIII 抗血友病因子     0.5
フィブリン堆積因子 I フィブリノゲン 340 2500 4.5
  XIII フィブリン安定因子 320 8 7
抑制物質 アンチトロンビンIII   58 150 2.5
  • 標準血液病学 p.217
15種類ある
凝固因子 慣用語・同義語 ビタミンK依存 血液中半減期(hr) 産生器官 染色体座乗部位
I fibrinogen   100-150 肝臓 4q26
II prothronbin 50-80 肝臓 11p141-q12
III tissue thromboplastin     体の各組織 1pter-p21
IV calcium ion     肝臓  
V labile factor/proaccelerin   24 肝臓 1q21-q25
VII stable factor/proconvertin 6 肝臓 13q34
VIII antihemophilic factor   12 細網系? xq28
IX Christmas factor 24 肝臓 xq26.3-q27.2
X Stuart factor 25-60 肝臓 13q34
XI plasma thromboplastin antecedent   40-80 肝臓 4q35
XII Hageman factor   50-70 肝臓 5q33-qter
XIII fibrin stabilizing factor   150 肝臓 6p24-p21.3
prekallikrein Fletcher factor   35 肝臓 4q35
hight molecular weight kininogen Fitzgerold factor   150 肝臓 3q26-qter
von Willebrand factor     24 血管内皮

血小板 糸球体

12pter-p12


産生部位

  • ほとんどが肝臓
  • 例外:

臨床関連


-凝固因子


エノキサパリン」

  [★]

クレキサン
低分子量ヘパリン、未分分画ヘパリン、ヘパリン
  • 低分子量ヘパリンのナトリウム塩。平均MW;4500(3800~5000)。


LMW heparin」

  [★] 低分子量ヘパリン


LMWH」

  [★] 低分子量ヘパリン


low molecular weight heparin」

  [★] 低分子量ヘパリン


低分子ヘパリン」

  [★] 低分子量ヘパリン


ヘパリン」

  [★]

heparin
ヘパリンナトリウムヘパリンカルシウム
カプロシンヘパフィルドペミロックデリバデクスノボ・ヘパリンヘパフラッシュ。(軟膏)ペセタ
血液凝固因子抗凝固薬(抗凝血薬)

構造

作用機序

薬効薬理

カプロシン注2万単位/20mL/**カプロシン注5万単位/50mL/**カプロシン注10万単位/100mL
  • 血液凝固阻止作用5~9)
  • (1) ヘパリンはO-及びN-硫酸基を持ったムコ多糖類で、その強い陰イオン活性によって蛋白質と反応し、抗凝血作用をあらわす。
  • (2) ヘパリンは、ヘパリンCo-factor(Antithrombin III)と結合することにより、種々の活性化凝固因子(トロンビン、Xa、IXa、XIa、XIIa)に対する阻害作用を促進して抗凝血作用を発揮する。

薬理作用

  • 抗凝固作用

動態

相互作用

臨床検査

  • 赤沈、血液生化学検査の採血の際、抗凝固薬として用いる。  ←  血算にはEDTA・2Kを用いる。ヘパリンを用いると血小板が凝集してしまう。

ヘパリンとワルファリンの比較

[display]http://kusuri-jouhou.com/pharmacology/myocardial-infarction.html
より
also see YN.G-96
  ワルファリン ヘパリン
投与方法 経口可能 注射のみ
in vitro 有効 有効
in vivo 有効 無効
その他 遅行性(12~36時間有する) ヘパリナーゼ(肝臓)で分解
持続性(2~5日有効)  

参考

  • カプロシン注2万単位/20mL/**カプロシン注5万単位/50mL/**カプロシン注10万単位/100mL
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3334400A5033_1_01/3334400A5033_1_01?view=body




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム


分子量」

  [★]

molecular weightmolecular massMwMr, MW
相対分子質量 relative molecular mass
分子質量


低分子量」

  [★]

low molecular weightlow molecular mass、(aj,abrv)LMW
低分子低分子量型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡