伝音系

出典: meddic

conductive system


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 720 鼓膜の高次振動を考慮した伝音系の振動特性についての基礎検討(GS-10 振動(2))
  • G100033 耳の伝音系のてこ作用を考慮したモデル化と振動特性の把握に関する検討
  • 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2012, "G100033-1"-"G100033-5", 2012-09-09
  • NAID 110009994343
  • 中耳伝音系モデルによる最適鼓室形成術の検討

関連リンク

今回は「伝音性難聴」についてお話しします。 前回と同じく、先立ってアップロードした「耳の模式図」を見て下さい。 伝音性難聴は、障害の部位が外耳・中耳(この両方を合わせて「伝音系」と呼びます)にある難聴です。
難聴のタイプと特徴 耳の各部位の働き 外耳 : 音を集める(伝音系) ↓ 中耳 : 音を大きくして内耳に伝える(伝音系) ↓ 内耳 : 音の振動を電気的信号に変換する(感音系) ↓ 聴神経: 電気的信号を脳へ伝達する(感 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索内耳伝音系
関連記事

内耳伝音系」

  [★]

inner ear sound conductive system


系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡