伝導性失語

出典: meddic

伝導失語

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 今日における失語の古典分類 (特集 失語・失行・失認のリハビリテーション)
  • 松田 実
  • Monthly book medical rehabilitation (99), 7-12, 2008-11
  • NAID 40016370248
  • 左頭頂葉皮質下限局病変による伝導性失語

関連リンク

大辞林 第三版 伝導失語の用語解説 - 反対に,語の意味素性は保たれているのだが,音韻素性だけが失われているような失語がある。〈伝導失語〉と呼ばれるタイプで,患者は話すことも聴いて理解することも不自由ないのだが,唯一 ...
*伝導失語について 発話は基本的に流暢で構音も良好であるが、多量の音韻性錯語(めがね→めまめ など)が目立つ失語症で、吃音(どもり)のような話し方となることもあります。最大の特徴は復唱(真似していうこと)障害です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元伝導失語」「弓状束
関連記事伝導

伝導失語」

  [★]

conduction aphasia, associative aphasia
伝導性失語伝導失語症?、伝導性失語症?。島失語 island aphasia, 中心性失語 central aphasia
錯書錯書症失語失語症ウェルニッケ中枢
[show details]




弓状束」

  [★]

arcuate fibers
伝導性失語


伝導」

  [★]

transduction, conduction
興奮伝導伝達


  • ニューロン介して情報が活動電位として伝わることを伝導という、と思う。
  • 伝達とは確実に区別する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡