交叉性腸骨棘内転筋反射

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

大腿の筋は大腿骨の周りにあり、伸筋・屈筋と内転筋の3群に分けられる。 (一)大腿の伸筋 1,M. sartorius(縫工筋)Sartorius muscle 長い帯状の筋で上前腸骨棘から起こり、斜めに下内方に向かって脛骨内側面の上端に着く。 ...
1.皮下に触知できる骨隆起部 前方 → 上前腸骨棘、腸骨稜、恥骨結合 側方 → 大腿骨大転子 後方 → 上後腸骨棘、尾骨、坐骨結節 2.股関節を囲む軟部組織 鼡径靭帯、長内転筋、縫工筋に囲まれた ...

関連画像

関連筋 薄筋、腓腹筋、ひらめ

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事反射」「内転」「骨棘」「交叉性」「腸骨棘

反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]






内転」

  [★]

adduction
外転
  • 正中矢状面に近づく運動

手指の内転

N. 155
  • (第1,2,4,5指)中指に近づく運動
  • (第3指)橈側か尺側に外転した状態から元に戻る運動が内転


骨棘」

  [★]

bone spur, spur
骨増殖体 osteophyte, spicules



交叉性」

  [★]

crossedcrossing
横断交差性交雑


腸骨棘」

  [★]

iliac spine
spina iliaca
寛骨腹部





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡