五苓散

出典: meddic

ごれいさん
水滞(全身型)

目標

  • 口渇、尿量減少するものの次の諸症
  • 浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病

注意

高齢者

  • 生理機能が低下しているので減量など考慮

妊婦、産婦、授乳婦

  • 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/05 11:57:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-6-7 脊椎麻酔後頭痛に対する五苓散の効果に対する検討(Group78 合併症妊娠(症例)7,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 佐藤 泰昌,志賀 友美,寺澤 恵子,三和 紀子,小野木 京子,牧野 弘,田上 慶子,山田 新尚,横山 康宏
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 725, 2011-02-01
  • NAID 110008509597
  • 脳神経外科領域での漢方の有用性を検証--浮腫・血腫を漢方薬でコントロールする--第19回日本脳神経外科漢方医学会学術集会 (特集 五苓散をめぐる臨床応用と最新知見)

関連リンク

五苓散とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬 事典版)

関連画像

五苓散五苓散返回 価格 消費税 五 苓 散 ご れい五苓散成藥17 ツムラ 五苓散 エキス顆粒

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

ツムラ五苓散エキス顆粒(医療用)

組成

  • 本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス2.0gを含有する。

日局タクシャ  4.0g
日局ソウジュツ 3.0g
日局チョレイ  3.0g
日局ブクリョウ 3.0g
日局ケイヒ   1.5g

添加物

  • 日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物

効能または効果

  • 口渇、尿量減少するものの次の諸症
  • 浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病


  • 通常、成人1日7.5gを2?3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

薬効薬理

アルコール代謝改善作用

  • マウスに経口投与したところ、エタノールによる臓器中電解質の減少及び肝脂質の増加が抑制された1)
  • 高脂肪食飼育マウスにエタノールとともに経口投与したところ、肝臓におけるグルタチオン代謝及びアルコール代謝に関与する酵素活性が増加した2)

利尿作用

  • ラットに飲水投与したところ、チアジド、アセタゾラミド等の利尿剤と同様に尿量が増加した3)

消化管運動亢進作用

  • マウスに経口投与したところ、消化管運動が亢進した4)

作用機序

  • 本剤は、以下の作用により薬理効果を示すことが示唆されている。
    利尿作用
    イヌ腎臓由来の遠位尿細管の皮質部集合管由来細胞(MDCK細胞)において、ナトリウムチャネルを阻害した(in vitro5)


★リンクテーブル★
先読みブクリョウ」「ソウジュツ」「桂皮」「チョレイ」「茯苓
リンク元漢方製剤」「浮腫」「下痢
拡張検索茵ちん五苓散エキス」「五苓散エキス」「茵蔯五苓散」「五苓散料エキス

ブクリョウ」

  [★]

加味帰脾湯エキス加味逍遙散エキス啓脾湯エキス桂枝茯苓丸料エキス五淋散エキス五苓散料エキス四君子湯エキス十全大補湯エキス十味敗毒湯エキス小半夏加茯苓湯エキス真武湯エキス清心連子飲エキス猪苓湯エキス当帰芍薬散加附子エキス当帰芍薬散料エキス二陳湯エキス八味丸半夏厚朴湯エキス半夏白朮天麻湯エキス苓桂朮甘湯エキス苓姜朮甘湯エキス六君子湯エキス六味地黄丸料エキス


ソウジュツ」

  [★]

茯苓飲合半夏厚朴湯エキス葛根加朮附湯エキス越婢加朮湯エキス加味逍遙散料エキス啓脾湯エキス桂枝加朮附湯エキス桂枝人参湯エキス五苓散エキス治頭瘡一方エキス柴苓湯エキス消風散エキス清暑益気湯エキス茵ちん五苓散エキス苓桂朮甘湯エキス抑肝散エキス抑肝散加陳皮半夏エキス平胃散エキス平胃散料エキス二朮湯エキス当帰芍薬散料エキス胃苓湯エキス


桂皮」

  [★]

cinnamon barkCinnamomi Cortex, Chinese cinnamon, cassiabark
ケイヒ肉桂 ニッケイ桂枝
cinnamomi cortex
  • 生薬
  • 芳香健胃薬
  • 桂皮油(cinnamic aldehyde)1-3.5%、ジテルペノイド(cinzeylanine)、タンニンなど


チョレイ」

  [★] 五苓散エキス四物湯エキス柴苓湯エキス猪苓湯エキス猪苓湯合四物湯エキス茵ちん五苓散エキス胃苓湯エキス


茯苓」

  [★]

ぶくりょう
poriasclerotium, hoelen
Hoelen, Pachyma hoelen
伏神 ぶくしん
  • 生薬



漢方製剤」

  [★]

販売されている漢方製剤

ツムラの漢方製剤

ツムラ# 名称
1 カッコントウ
2 カッコントウカセンキュウシンイ
3 オツジトウ
5 アンチュウサン
6 ジュウミハイドクトウ
7 ハチミジオウガン
8 ダイサイコトウ
9 ショウサイコトウ
10 サイコケイシトウ
11 サイコケイシカンキョウトウ
12 サイコカリュウコツボレイトウ
14 ハンゲシャシントウ
15 オウレンゲドクトウ
16 ハンゲコウボクトウ
17 ゴレイサン
18 ケイシカジュツブトウ
19 ショウセイリュウトウ
20 ボウイオウギトウ
21 ショウハンゲカブクリョウトウ
22 ショウフウサン
23 トウキシャクヤクサン
24 カミショウヨウサン
25 ケイシブクリョウガン
26 ケイシカリュウコツボレイトウ
27 マオウトウ
28 エッピカジュツトウ
29 バクモンドウトウ
30 シンブトウ
31 ゴシュユトウ
32 ニンジントウ
33 ダイオウボタンピトウ
34 ビャツコカニンジントウ
35 シギャクサン
36 モクボウイトウ
37 ハンゲビャクジツテンマトウ
38 トウキシギャクカコシュユショウキョウトウ
39 リョウケイジュッカントウ
40 チョレイトウ
41 ホチュウエッキトウ
43 リックンシトウ
45 ケイシトウ
46 シチモツコウカトウ
47 チョウトウサン
48 ジュウゼンタイホトウ
50 ケイガイレンギョウトウ
51 ジュンチョウトウ
52 ヨクイニントウ
53 ソケイカッケツトウ
54 ヨクカンサン
55 マキョウカンセキトウ
56 ゴリンサン
57 ウンセイイン
58 セイジョウボウフウトウ
59 ヂズソウイッポウ
60 ケイシカシャクヤクトウ
61 トウカクジョウキトウ
62 ボウフウツウショウサン
63 ゴシャクサン
64 シャカンゾウトウ
65 キヒトウ
66 ジンソイン
67 ニョシンサン
68 シャクヤクカンゾウトウ
69 ブクリョウイン
70 コウソサン
71 シモツトウ
72 カンバクタイソウトウ
73 サイカントウ
74 チョウイジョウキトウ
75 シクンシトウ
76 リュウタンシャカントウ
77 キュウキキョウガイトウ
78 マキョウヨクカントウ
79 ヘイイサン
80 サイコセイカントウ
81 ニチントウ
82 ケイシニンジントウ
83 ヨクカンサンカチンピハンゲ
84 ダイオウカンゾウトウ
85 シンピトウ
86 トウキインシ
87 ロクミガン
88 ニジュツトウ
89 ヂダボクイッポウ
90 セイハイトウ
91 チクジョウンタントウ
92 ジインシホウトウ
93 ジインコウカトウ
95 ゴコトウ
96 サイボクトウ
97 ダイボウフウトウ
98 オウギケンチュウトウ
99 ショウケンチュウトウ
100 ダイケンチュウトウ
101 ショウマカッコントウ
102 トウキトウ
103 サンソウニントウ
104 シンイセイハイトウ
105 ツウドウサン
106 ウンケイトウ
107 ゴシャジンキガン
108 ニンジンヨウエイトウ
109 ショウサイコトウカキキョウセッコウ
110 リッコウサン
111 セイシンレンシイン
112 チョレイトウゴウシモツトウ
113 サンオウシャシントウ
114 サイレイトウ
115 イレイトウ
116 ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ
117 インチンゴレイサン
118 リョウキョウジュッカントウ
119 リョウカンキョウミシンゲニントウ
120 オウレントウ
121 サンモツオウゴントウ
122 ハイノウサンキュウトウ
123 トウキケンチュウトウ
124 センキュウチャチョウサン
125 ケイシブクリョウガンカヨクイニン
126 マシニンガン
127 マオウブシサイシントウ
128 ケイヒトウ
133 ダイジョウキトウ
134 ケイシカシャクヤクダイオウトウ
135 インチンコウトウ
136 セイショエッキトウ
137 カミキヒトウ
138 キキョウトウ
501 シウンコウ
3020 コウジンマツ
3023 ブシマツ


浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による
内科外科マニュアルp.212
  • 片側性 common
  • 蜂窩織炎
  • 深部静脈血栓症
  • 表在静脈瘤(慢性静脈還流不全)
  • 両側性 common
  • うっ血性心不全
  • ネフローゼ症候群
  • 肝硬変
  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 薬剤:CCB,ピオグリタゾン,NSAIDs,女性ホルモン,甘草
  • 特発性浮腫:女性,夕方増悪する下腿の浮腫:NaCl,炭水化物制限
  • 月経前症候群:黄体期に出現し,月経発来と共に消退:当帰芍薬散,加味逍遥散
  • 片側性 important
  • 両側性 important

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

漢方薬

  • 口渇(+)
  • 高度の熱感(+)
越婢加朮湯
  • 高度の熱感(-)
五苓散
  • 口渇(-)
  • めまい・ふらつき(+)
  • 月経異常(+)
当帰芍薬散
  • 月経異常(-)
真武湯
  • めまい・ふらつき(-)
  • 汗かき(+)
防已黄耆湯
  • 汗かき(-)
八味地黄丸

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf





下痢」

  [★]

diarrhea
下痢症(症候としての下痢)

概念

  • 24時間の糞便重量150-200g以上 or 24時間の糞便中の水分量が150-200ml以上のもの

病態


漢方医学

[show details]



茵ちん五苓散エキス」

  [★]

漢方製剤、茵ちん五苓散


五苓散エキス」

  [★]

漢方製剤五苓散


茵蔯五苓散」

  [★]

いんちんごれいさん
茵ちん五苓散


五苓散料エキス」

  [★]

漢方製剤、五苓散料




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡