二次無効

出典: meddic

secondary failure
一次無効
  • スルホニル尿酸系薬の効果が、最初有効であったのに次第に無くなってくること
  • sulfonylurea服用開始から一年間で5-10%の患者が許容できないレベルの高血糖となる (GOO. 1637)

原因

  • 食事や運動が不規則
  • 服用が不規則
  • 末梢でのインスリン抵抗性が増大
  • β細胞の機能低下

和文文献

関連リンク

糖尿病経口薬の一次無効と二次無効 日本人のインスリン分泌能力は欧米人に比べると低いので、治療の最初からインスリン分泌を促進するスルホニル尿素(SU)薬が使われることがあります。ところがしばらくすると効果がなくなって ...
経口血糖降下剤(SU剤)を開始した当時は血糖がよくコントロールされていたが次第に血 糖コントロールが悪化して、薬が無効になることがあります。これを広い意味での(広義の) 経口血糖降下剤の二次無効といいます。これに対して ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みスルホニル尿酸系薬
関連記事二次」「無効

スルホニル尿酸系薬」

  [★]

スルフォニル尿酸系薬SU剤スルホニル尿素系血糖降下薬
糖尿病治療薬薬理学

分類

スルフォニル尿酸系薬 sulfonylurea

  • -作用弱
  • -作用中
  • -作用強
  • -新薬

スルホンアミド系薬

作用機序

  • GOO.1634
  • ATP感受性KチャネルのSUR1サブユニットに結合し、チャネルを阻害する。膜が脱分極し、電位依存性Ca2+チャネルが開口する。

薬理作用

動態

適応

  • 以下の全てを満たす場合
  • 1. NIDDM
  • 2. 高度の肥満がない
  • 3. 食事療法、運動療法で満足な血糖コントロールが得られない
  • 4. 膵インスリン分解能をある程度保持 (尿中Cペプチド>20μg/day)
  • 5. 低血糖を理解し対応できる
  • 6. 妊婦ではない

注意

禁忌

  • 1. IDDM
  • 2. 重篤な感染症を繰り返す場合
  • 3. 大きな外科手術を受ける場合
  • 4. 高度の肝・腎障害がある場合
  • 5. 妊婦
  • 6. アレルギーなど副作用の発現を満たすもの

二次」

  [★]

secondarysecond-ordersecondquadratic
続発性第二第二級第二次二級二次的秒間二次性続発

無効」

  [★]

ineffectivenessineffectiveinvalidineffectualinefficacious
無効性無力病弱肢体不自由



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡