乳幼児期側彎症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳幼児期側彎症および学童期側彎症の治療と問題点 : 現在と未来の展望
  • 高相 晶士
  • 思春期学 = ADOLESCENTOLOGY 16(1), 84-92, 1998-03-25
  • NAID 10013874672

関連リンク

発症年齢により乳幼児期側弯症(3歳以前に発症)、学童期側弯症(4歳から9歳に発症) 、思春期側弯症(10歳以降に発症)にわけられ、それぞれに特徴があります。乳幼児期 側弯症には自然治癒する傾向にあるものと、強い進行を有するものがあります。最も高 ...
乳幼児期側弯症――非常に少ない。だいたい3歳になる前に発症する。 男子に多い。 治療せずとも自然に治るケースが多い。 *学童期側弯症――3~10歳で発症する。 約 60%は治療しないと進行する。 *思春期側弯症――もっとも多い。思春期に発症する。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事幼児」「幼児期」「乳幼児」「乳幼児期」「

幼児」

  [★]

infant, early childhood
乳児乳児期幼児期乳幼児期乳幼児

定義

  • 満1歳から小学校就学に達するまでの小児


幼児期」

  [★]

childhood
幼児
就学前小児期乳児乳児期幼児乳幼児期乳幼児



乳幼児」

  [★]

infant
乳児乳児期幼児期幼児乳幼児期


乳幼児期」

  [★]

infant
乳児乳児期幼児期幼児乳幼児


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡