中鼻甲介

出典: meddic

middle nasal concha (N,Z)
middle nasal conchae (KL)
middle concha (M)
middle conchae (KH)



和文文献

  • 鼻内内視鏡による若年性血管線維腫の治療
  • 西池 季隆
  • 頭頸部外科 24(1), 33-37, 2014
  • 中鼻甲介下部の切除により,その後方に存在する翼突管や蝶口蓋孔付近の操作が容易になる。 …
  • NAID 130004688332
  • 内視鏡下経鼻的頭蓋底手術:―当科における方法と工夫―
  • 村下 秀和,田渕 経司,星野 朝文,上前泊 功,和田 哲郎,阿久津 博義,高野 晋吾,原 晃
  • 耳鼻咽喉科展望 56(Supplement1), s64-s68, 2013
  • … 一方, 手術操作野確保目的に, 中鼻甲介や上鼻甲介の切除, 翼突管神経の切除は極力行わない。 …
  • NAID 130004546527
  • 内視鏡下経鼻的手術に必要な鼻腔の解剖
  • 中川 隆之
  • Japanese Journal of Neurosurgery 22(5), 357-361, 2013
  • … Mid-lineアプローチでは, 中鼻甲介を温存しても, 十分な術野を得ることができる. …
  • NAID 130003379620

関連リンク

... 左右それぞれの鼻の中は外側の壁からひさし状の骨が張り出しており、その張り出しを上鼻甲介(じょうびこうかい)、中鼻(ちゅうび)甲介、下鼻(かび)甲介といい、それらの間の空気の通り道を上鼻道、中鼻道、下鼻道といいます。下 ...
鼻の中は、 大きく鼻腔(びくう)と副鼻腔(ふくびくう)から構成されています。 鼻腔は鼻中隔(びちゅうかく)によって左右に分けられています。 左右それぞれには、 側壁から通常3つの骨が張り出しており、 上から上鼻甲介 ...
しかし、下鼻甲介の奥の中鼻道に膿が流れています。(aでは、両側から、bでは、主に右側の中鼻道に膿が流れています) すなわち、副鼻腔炎です。 副鼻腔は、生下時には非常に小さく、生後徐々に発育します。内視鏡を使うと、1才 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問103H004
関連記事鼻甲介

103H004」

  [★]

  • 鼻出血の頻度が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H003]←[国試_103]→[103H005

鼻甲介」

  [★]

nasal conchae, turbinate
conchae nasales
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3