中頭蓋窩法

出典: meddic

middle fossa approach


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 中頭蓋窩法で摘除した側頭骨に発生した軟骨芽細胞腫
  • 石岡 薫,神崎 仁,原田 竜彦 [他]
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 118(3), 213-218, 2015-03
  • NAID 40020411881
  • 中頭蓋窩法で摘除した側頭骨に発生した軟骨芽細胞腫
  • 石岡 薫,神崎 仁,原田 竜彦,高梨 吉裕,篠永 正道,北村 創
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 118(3), 213-218, 2015
  • … 平成17年中頭蓋窩法で手術を行った. … 中頭蓋窩法にて腫瘍を全摘し, 耳小骨連鎖は保存した. …
  • NAID 130005065317
  • 頭部外傷の7年後に髄膜炎、髄液耳漏を発症した側頭骨内髄膜脳瘤の一例
  • 竹内 万彦,亀井 裕介,北野 雅子,坂井田 寛,石永 一
  • Otology Japan 23(5), 868-872, 2013
  • 頭部外傷により側頭骨骨折をきたし、その7年後に側頭骨内髄膜脳瘤が形成され、くも膜の破たんにより髄液耳漏および髄膜炎をきたしたと考えられる症例を経験した。症例は12歳男児で、既往歴として5歳時に交通外傷での頭部受傷と2度の髄膜炎がある。2度目の髄膜炎の入院中に右滲出性中耳炎の診断で鼓膜切開を受け、その後200ml/日ほどの水のような耳漏が出現した。側頭骨CTでは右中頭蓋の骨欠損を、MRIでは右側頭葉 …
  • NAID 130005065214

関連リンク

「中頭蓋窩経由のアプローチ (中頭蓋窩法・拡大中頭蓋窩法)」 主に前者は耳鼻咽喉科、後者は脳神経外科で用いられます。 聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍に対する 手術アプローチの特徴と解説 後頭蓋窩法 (後頭下到達法) 利点: 欠点: ...
ギリギリの切除を行ったケース。拡大中頭蓋窩法を用いています。 三叉神経鞘腫 (三叉神経から発生する神経鞘腫)の場合は、 1) メッケル腔という部位に腫瘍が存在していることが多く、この部分の操作が必須 2) 小脳橋角部に腫瘍 が進展 ...

関連画像

に到達しやすい中頭蓋窩法  に 対して 拡大 中頭 蓋 窩法 をさらに、どの手術においても 鼓室形成術の長期予後に与える ー 手術適応と聴力を温存する 対する手術アプローチの


★リンクテーブル★
関連記事中頭蓋窩」「」「頭蓋窩」「頭蓋

中頭蓋窩」

  [★]

:middle cranial fossa
fossa cranii media
内頭蓋底


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


頭蓋窩」

  [★]

cranial fossa
fossa cranii
内頭蓋底



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


頭蓋」

  [★]

cranium
頭蓋骨







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡