中間冠状症候群

出典: meddic

intermediate coronary syndrome
不安定狭心症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性心筋硬塞における尿中カテコラミン値
  • 松本 陽子
  • 日本内科学会雑誌 63(3), 227-236, 1974
  • … 87例の急性心筋硬塞患者の尿中catecholamine(norepinephrineおよびepinephrine)を測定し,臨床像との関係および経時変化につき検討した.各種心疾患の中,急性心筋硬塞,頻脈性不整脈,中間冠状症候群,急性心不全においてcatecholamineの有意の上昇がみられた.また心筋硬塞急性期にみられる合併症の中,心室頻拍,心破裂,ショック,頻脈性不整脈群に著明な上昇を認めた.硬塞部位およびその大きさとcatecholamineとの問には,有意の相関はなかつ …
  • NAID 130000889696
  • 狭心症・心筋硬塞・中間冠状症候群・異型狭心症の概念 (狭心症と心筋硬塞特集)
  • 高位胸部誘導心電図所見の臨床的検討(続報)異常Q波の観察(中間冠状症候群に関連して : 第45回日本循環器学会関東甲信越北陸地方会
  • 藤森 賢而
  • Japanese circulation journal 31(10), 1507, 1967-11-15
  • NAID 110002597775

関連リンク

世界大百科事典 第2版 中間型冠状症候群の用語解説 - 日本ではとくにスパズムの関与が著しいものが多い。労作狭心症よりも心筋梗塞に近いということから中間型冠状症候群と呼ばれることもある。 狭心症で,発作の頻度が ...
ヒロ循環器科胃腸科クリニックのホームページリニューアル移転の為 ACS急性冠症候群の情報はこちら 急性冠症候群1 (ACS :acute coronary syndrome) 不安定狭心症と急性心筋梗塞

関連画像

ファイル:Medulla oblongata-ja.svg所謂的始作俑者,就是指心裡有 Relations of the brain and middle 第50回日本肺癌学会中国・四国 Posterior cerebral arterysudden cardiac death and coronary artery


★リンクテーブル★
先読み不安定狭心症
関連記事症候群」「中間」「」「症候

不安定狭心症」

  [★]

unstable angina UA, unstable angina pectoris UAP, preinfarction angina
安静時狭心症梗塞前狭心症

定義

  • 最近3週間以内に狭心症が増悪した場合(発作の誘因、強さ、持続時間、硝酸薬の有効性)と、新たに発症した狭心症
  • 数か月以上にわたって狭心症の病態が安定している安定狭心症に対比した分類

特徴

  • chest pain manifests with relatively unpredictable patterns.
  • pain becomes increasingly frequent and less responsive to rest or medication.
  • this form is related to plaque rupture, hemorrhage, ulceration, and superimposed thrombosis.

救急外来での対応

研修医当直御法度 第5版 p.38
  • 入院適応
  • 48時間はCCUで6時間毎に心電図とCK-MBのチェック


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



中間」

  [★]

intermediatemiddleintermediusintermediaryintermediatehalfwaymiddle
間性中央中間体中間部中途中等途中


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡