中枢神経ミエリン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MWS-4  MicroRNA-132はsirtuin-1を抑制することで多発性硬化症患者B細胞における炎症性サイトカイン産生に関与する
  • 宮 雄生,新野 正明,菊地 誠志,Amit Bar-Or
  • 日本臨床免疫学会会誌 35(4), 322b-322b, 2012
  • …   多発性硬化症(multiple sclerosis: MS)の病態には中枢神経ミエリン抗原反応性T細胞が中心的な役割を果たしていると想定されているが,加えてその他いくつかの免疫担当細胞が疾患増悪または抑制性に作用していることが知られている.われわれはMSにおいてB細胞がlymphotoxin-α (LT), tumor necrotizing factor (TNF)を高産生しT細胞を異常に活性化することが疾患増悪に関与することを報告したが,そのメカニズムは不明である. …
  • NAID 130003364036
  • 中枢神経ミエリン形成に対する脳リンクプロテインの役割 (研究成果特集) -- (学術研究(第38回))
  • 大橋 俊孝
  • 山陽放送学術文化財団リポ-ト (46), 20-24, 2002-10
  • NAID 40005987119

関連リンク

脳と神経 分子神経生物科学入門, 金子章道・河村光毅・植村慶一 編, ミエリン 共立出版(東京), p. 216-224, 1999 ↑ 石橋智子、馬場広子、池中一裕 脳神経科学, 伊藤正男 監修, 金澤一郎・篠田義一・廣川信隆・御子柴克彦・宮下 保司 ↑ ...
ような単純脂質,スフィンゴ脂質のような複合脂質,コレ ステロールなどの誘導脂質であり,ミエリン特異的な脂質 構成成分はほとんどない.コレステロールはミエリン脂質 の20―30%を占めており,その生物学的重要性が示唆さ

関連画像

 因子は中枢神経の再生を妨げる先天性ミエリン形成不全の新た 髄鞘をもつ神経細胞の構造図Q1: 急性散在性脳脊髄炎( ADEM


★リンクテーブル★
関連記事リン」「神経」「中枢」「中枢神経」「ミエリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



中枢」

  [★]

centercentral
センター中央中心中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的中央に置く末梢



中枢神経」

  [★]

central nervous system
systema nervorum centrale



ミエリン」

  [★]

myelin
髄鞘





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡