中枢性α2アゴニスト

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

α2アゴニストは元来中枢性 の降圧薬として臨床応用されたが、中枢神経に広く分布することから ... 強力かつ選択性の高い中枢性α2アドレナリン受容体作動薬 集中治療における新規の鎮静薬として有用性が期待され、開発された α2 ...
交感神経抑制薬、中枢性α 2 アゴニスト 作用機序 脳の中枢に直接作用して、血管を拡張させて血圧を下げる。 脳内でα-メチルノルエピネフリンに代謝され、これが中枢神経系でα2-受容体を刺激して遠心性交感神経活動(緊張)を低下 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事アゴニスト」「中枢」「中枢性」「

アゴニスト」

  [★]

agonist
作用薬作動薬


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist


-作動薬
-agonist


中枢」

  [★]

centercentral
センター中央中心中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的中央に置く末梢



中枢性」

  [★]

centralcentrally acting
中心中心性中心的中枢神経性中枢的中枢


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡