両側性痙性脳性麻痺

出典: meddic

bilateral spastic cerebral palsy, spastic diplegia
[[]]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

両脚とも罹患している場合(痙性両側麻痺)、臀部と脚部の筋肉が硬直して脚が内側に 屈曲し膝部で交差する(鋏状脚と呼ばれる)ために歩行困難になることが ... 脳性麻痺 患者の5~10%は運動失調性脳性麻痺であり、身体のバランスや協調に影響が出ます 。


★リンクテーブル★
リンク元spastic diplegia
関連記事脳性麻痺」「麻痺」「両側性」「痙性」「両側

spastic diplegia」

  [★]


脳性麻痺」

  [★]

cerebral palsy, CP
脳性小児麻痺 cerebral infantile palsy脳原性麻痺脳性マヒ

定義

  • 「受胎から新生児までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく、永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発現する。進行性疾患や一過性運動障害、または将来正常化するであろうと思われる運動発達遅延は除外する」(厚生省脳性麻痺研究班(1968))
  • てんかんや精神遅滞などの随伴症状があってもよい。

疫学

  • 1000生出産に対して2 (PED.1462)

主要な原因

PED.1462
  • 周生期の仮死:胎生期仮死51%、出生児仮死40%、出生後仮死9%
  • 4. 低出生体重児:超低出生体重児の3歳時の脳性麻痺発生率は16.3%、らしい。

分類

  • 原因:重症仮死、広範な脳障害
  • 原因:一側半球の血管障害,
  • 原因:核黄疸(間脳障害)、周産期仮死。周産期(65-85%)
  • 原因:小脳障害
  • 6. 混合型脳性麻痺

参考

uptodate

  • 1. [charged] 脳性麻痺の臨床的特徴 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 脳性麻痺の疫学および病因 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 脳性麻痺の診断 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 脳性麻痺の管理および予後 - uptodate [4]

国試


CP
-cerebral palsy


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis



両側性」

  [★]

bilateralitybilateraltwo-sidedbilaterally
両側両側的左右対称


痙性」

  [★]

痙縮性痙直痙攣性けいれん性


両側」

  [★]

bilateraltwo-tailed
両側性左右対称




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡