下顎運動

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タッピング運動時における下顎運動量と体幹運動量との関連
  • 金城 篤史,河野 正司,昆 はるか,佐藤 直子,甲斐 朝子,小林 博,櫻井 直樹,野村 修一
  • 日本顎口腔機能学会雑誌 = The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 18(2), 115-124, 2012-02-28
  • NAID 10030125797
  • クリニカル コンピュータ支援による咬合器使用法
  • 波多野 泰夫,新谷 明喜
  • 日本歯科医師会雑誌 64(10), 1043-1053, 2012-01-00
  • NAID 40019187799

関連リンク

歯列を保持する上でも、下顎位・咬合を維持するうえでも、また機能的矯正力においても 、顎運動に関する筋は重要な役割を果たしている。
下顎の運動はどのような軌跡を描くか。また、下顎運動時にのみ見られる咬合関係が ある。

関連画像

下顎運動測定器下顎限界運動種々な下顎位及び下顎運動 下顎運動検査下顎運動測定器右側咀嚼時の下顎運動


★リンクテーブル★
関連記事下顎

下顎」

  [★]

lower jaw

臨床関連

下顎の低形成 (IMD.66)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡