下行性破傷風

出典: meddic


関連リンク

... すると神経細胞内で急速に増殖し、神経細胞の死や脱随を伴う脳炎を起こします。また、下行性に神経をたどって、唾液腺、腸、筋肉などの臓器の神経細胞に達し、発症すると言われています。食欲不振、頭痛、不眠などの ...
痙攣は顔面→体幹→四肢・・・下行性破傷風 粟粒結核 診断:眼底所見、骨髄ないし肝よりの結核菌の証明が重要であった 今はDNA-プロ-ブ、PCR 悪寒を伴う稽留熱、全身倦怠 炎症所見+肝内肉芽腫の所見 ツ反陰性化 ツツガムシ ...
下行性 疼痛抑制系賦活型疼痛治療剤(非オピオイド、非シクロオキシゲナーゼ ... ボツリヌス毒素と破傷風毒素の軽鎖はこれらのSNAREタンパクを限定分解することでシナプス小胞とシナプス前膜との融合を阻害し、伝達物質が放出され ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事破傷風」「」「下行」「下行性

破傷風」

  [★]

tetanus, lockjaw
テタヌス
破傷風菌 Clostridium tetani

病型

参考1
  • 全身性破傷風:全身の筋の強直性攣縮 + 自律神経症状(早期は易刺激性、不穏、発汗、頻脈。後期には著しい発汗、不整脈、不安定な高血圧・低血圧、発熱)
  • 限局性破傷風
  • 頭部破傷風
  • 新生児破傷風

病態

SMB.260
  • 破傷風毒素(テタノスパスミン)は亜鉛依存性プロテアーゼ活性を有しており、シナプス小胞不随蛋白であり開口分泌に関与するシナプトブレビンを特異的に切断し、シナプスへの神経伝達物質の放出を妨げる。
  • 症状の発現は脊髄の抑制ニューロンが遮断される事による。
  • 自律神経ニューロンも遮断されるので、自律神経症状も発現する。 → 著しい血圧、脈拍の変動

治療

SMB.260 YN. H-55 SPE.359
  • 創部 :デブリドマン
  • 抗毒素:ヒトTIGの投与 → 神経細胞に取り込まれた後では毒素を中和できなくなる。
  • 抗菌 :ペニシリンGの大量投与。テトラサイクリン(SPE.359)
  • 対症療法:呼吸管理、筋弛緩薬、抗痙攣薬(ジアゼパム)、刺激の軽減(日光の遮蔽)

予防

予後

  • 死亡率:40% (SPE.359)

参考

  • 1. [charged] Tetanus - uptodate [1]

国試




風」

  [★]

wind
放屁

下行」

  [★]

descending
下行性

下行性」

  [★]

descending
下行




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡