下肢帯

出典: meddic

pelvic girdle (KL)

-下肢骨は下肢帯と自由下肢骨に分類できる。下肢帯は寛骨から成る (KL.140)

下肢帯の筋

  • 下肢帯の筋>:下肢帯の筋
hip girdle

和文文献

  • 当科におけるリウマチ性多発筋痛症の臨床的特徴
  • 青木 葉子,岩本 雅弘,簑田 清次
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 32(4), 274-278, 2009-08-31
  • …   リウマチ性多発筋痛症(polymyalgia rheumatica : PMR)は高齢者に発症する体幹近位部の上下肢帯の筋痛と朝のこわばりを呈する原因不明の炎症性疾患である.PMRは特異的な臨床所見に乏しく関節リウマチ(RA)や血管炎症候群との鑑別を要する.今回当科で診断し,治療を開始したPMR症例44例を後向きに調査した.発症時の年齢の中央値は71歳で,60歳台と70歳台が約80%を占めたが,60歳未満も3例(6.8%)存在した.性差 …
  • NAID 10026352278
  • 05-25-ダンス-30 下肢帯及び後腹壁筋の形態的特徴 : 腸腰筋、腰方形筋について(05 バイオメカニクス,一般研究発表)
  • 小松 敏彦,山本 高司
  • 日本体育学会大会予稿集 (56), 265, 2005-11-01
  • NAID 110007513397

関連リンク

デジタル大辞泉 下肢帯の用語解説 - 足を支える骨格。恥骨・座骨・腸骨の癒合した寛骨 (かんこつ)からなる。後肢帯。 ...
かしたい【下肢帯】とは。意味や解説。足を支える骨格。恥骨・座骨・腸骨の癒合した寛骨 (かんこつ)からなる。後肢帯。 - goo辞書は国語、英和、和英、中国語、百科事典等から まとめて探せる辞書検索サービスです。

関連画像

下肢帯と骨盤 pelvic girdle and  肢帯、自由上肢、下肢帯、下 ヒト の 筋 腰部 下 肢帯 下 肢帯 の 骨折 骨盤 骨 骨折 1腰部・下肢帯の筋(ようぶ・か 下肢帯は左右それぞれの寛骨


★リンクテーブル★
関連記事肢帯」「」「下肢

肢帯」

  [★]

limb girdle
上肢帯肩帯腰帯


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A2%E5%B8%AF

肢帯 (limb girdle) とは、脊椎動物の体幹中にあり四肢の基部となる骨格組織である。肩帯腰帯の2つがある。

概要

前肢の基部となる肢帯を肩帯、後肢の基部となる肢帯を腰帯と呼ぶ。前肢と後肢は魚類の対鰭(胸鰭・腹鰭)に由来しており古くは7対の対鰭をもつ魚類も存在したが、肩帯・腰帯以外の肢帯を持つ脊椎動物は未だ知られていない。四肢本体(自由肢)とは本来別の物であるが、文脈上自由肢も含めて言及されていることがある。

その主な機能は以下の2点である。

  • 四肢を動かす群の起始部・付着面となる。
  • 四肢の荷重を体幹に伝える。

肩帯

前肢の基部となる。構成骨は肩甲骨・前烏口骨・烏口骨・鎖骨・上鎖骨・間鎖骨などである。腰帯に比べて構成骨も多く、歴史も古い。詳しくは肩帯を参照のこと。

腰帯

後肢の基部となる。構成骨は腸骨・恥骨・坐骨が基本となる。この三種の構成骨は腰帯形成以来ほとんど変化がない。詳しくは腰帯を参照のこと。

構成骨の対応

自由肢においては上腕骨大腿骨橈骨脛骨尺骨腓骨のように前肢と後肢それぞれの構成骨格がかなりの確証を持って対応されられていることから、肢帯における構成骨格も肩帯と腰帯で対応させられることがある。

例えば、背側にある構成要素(腰帯では腸骨)・腹側で関節窩の前方にある構成要素(同じく恥骨)・腹側で関節窩の後方にある構成要素(同じく坐骨)に肩帯を対応させ、【腸骨/恥骨/坐骨】と【肩甲骨/前烏口骨/烏口骨】、または【肩甲骨/鎖骨/前烏口骨】が対応するとされる。

しかし、腰帯の構成骨がその進化を通じてほぼ三種だけであること・腰帯の構成骨は全て内骨格性骨格であることに対し、肩帯の構成骨は進化の中で現れたり消えたり多種にわたる上に内骨格性骨格だけでなく皮骨性骨格も含むことから、どれがどれに対応するかは人によって意見が異なり、真に対応が見られるのかについても疑問が持たれている。例に挙げた対応では、前者は烏口骨は肩帯進化の中でかなり後半になってから現れた構成骨であること、後者は恥骨は内骨格性骨格であるのに鎖骨は皮骨性骨格であること、などの問題がある。最近ではあまり肢帯の構成骨における前後の対応や相同性については言及されないことが多い。


帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯

下肢」

  [★]

leg
lower extremity, lower limb, inferior limb
下肢の筋








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡