下唾液核

出典: meddic

inferior salivatory nucleus
唾液核

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 顔面口腔領域での副交感性血管拡張反応について
  • 和泉 博之
  • 東北大学歯学雑誌 23(1), 11-25, 2004-06-30
  • … この三叉神経-副交感血管拡張反応の反射弓は触覚, 圧覚, 痛覚受容器-三叉神経-三叉神経脊髄路核-上, 下唾液核-顔面口腔領域血管であることが推察された。 …
  • NAID 110004616084
  • 唾液分泌とその調節

関連リンク

下唾液核;下唾液分泌核 - Nucleus salivatorius inferior Quick Links 画像 ‹ › 説明 The inferior salivatory nucleus is a cluster of neurons in the dorsal part of pons, just above its junction with the medulla. It is the General visceral ...
表4 脳幹における各神経核の位置と各脳神経が脳幹を離れる位置 脳・脊髄の部位 神経核 脳神経名 中脳 三叉神経中脳路核 橋 上唾液核 孤束核 三叉神経脊髄路核

関連画像

fig4.jpg (96725 バイト)brainstem-h.gif (25260 バイト)伝導路の中継核」cn1brainstem-f.gif (29883 バイト)


★リンクテーブル★
関連記事唾液」「唾液核」「

唾液」

  [★]

saliva
消化液


  • 唾液の99.5%は水であり、残りの0.5%には重要な役割がある

組成

1. 水分:99%-99.5%
2. 電解質(Na+,K+,Cl-,HCO3-,etc)、分泌速度により濃度が異なる
 [K+],[HCO3-]	:	唾液 > 血漿
 [Na+],[Cl-]	:	血漿 < 血漿
 早い分泌の時、唾液中の[HCO3-]↑、[Na+]↑、[Cl-]↑。よりアルカリ性となる
3. 有機物
 ムチン:=ムコタンパク、潤滑作用
 リゾチーム:溶菌作用
 αアミラーゼ:プチアリン
 血液型物質:糖タンパクの一種
 舌リパーゼ:舌唾液腺より少量
 免疫グロブリン:IgA
 尿素
 カリクレイ:血管拡張作用

機能

1. 消化作用
 αアミラーゼにより、デンプンをマルトースに分解する
 舌リパーゼにより脂肪を加水分解する
2. 保護作用
 逆流した遺産、胆汁を薄める
 口腔内洗浄作用(虫歯予防、口臭予防)
 厚い食物を冷却する
3. 潤滑作用
4. リゾチーム, IgAによる生体防御作用

生成機構

1. 腺房細胞
 一次唾液の分泌
2. 導管系(介在部、線条部)
 Na+,Cl-の吸収
 HCO3-,K+の分泌

分泌調整機構

  • 副交感神経
  • 有機物少、粘度低の唾液を多量分泌
  • 交感神経
  • 有機物多、粘度高の唾液を少量分泌 ← 緊張すると口腔内が粘稠に感じられる
1.脳相(条件反射)
 食物の視覚、嗅覚、聴覚による刺激
2.口腔相(=味覚相)(無条件反射)
 食物による口腔や舌の刺激
3.胃腸相(無条件反射)
 食物による胃の刺激


臨床関連


唾液核」

  [★]

salivatory nucleus
nucleus salivatorius
唾液顔面神経舌咽神経


  • 延髄網様体吻側部に散在する境界不鮮明な細胞集団。唾液や涙腺を支配する副交感神経の節前線維を出す。

唾液核



核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡