上頚心臓枝

出典: meddic

superior cervical cardiac branch (B)
  • 不定の高さから分岐し、心臓神経叢に至る (B.92)
  • 枝の一つに内臓知覚線維が走っており、大動脈壁の圧力を感知し血圧下降を起こす (B.92)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

上頚 神経節は、極めて大きく紡錘形で第3~4頚椎の高さにある 中頚神経節 ... ④ 心臓枝 上・中・下の頚神経節からそれぞれ1本の上・中・下頚心臓神経を出している。 これらは下行して胸腔に入り、大動脈弓で迷走神経の心臓枝と合して ...
交感神経は上頚神経節、下頚神経節を経由した後、上記URLのような神経(上頸心臓枝、下頚心臓枝、胸心臓枝)を伝わって、心臓神経叢にいたります。 副交感神経は第10脳神経である迷走神経を経由し、心臓神経叢にいたると ...
上頚心臓枝 (じょうけいしんぞうし(めいそうしんけいの)) - Rami cardiaci cervicales superiores 上頚心臓神経 (じょうけいしんぞうしんけい) - Nervus cardiacus cervicalis superior 上頚神経節 (じょうけいしんぞうしんけい) - Ganglion cervicale ...

関連画像

上頚神経節の解剖学的な位置 上頚神経節より得たもの.(PhA14_3_03_003] →(総頚動脈神経叢 交感神経系の頭部Pars cephalica 脳神経 : 副交感神経 / 交感神経


★リンクテーブル★
関連記事心臓」「

心臓」

  [★]

heart
cor
循環器

性状

  • 約300g。

体表解剖

  • 心臓の上縁:左の第2肋軟骨の下縁と右の第3肋軟骨を結ぶ線上
  • 心臓の右縁:右の第3肋軟骨から右の第6軟骨に向かう線。この線は外側に向かって弓状をなす。
  • 心臓の下縁:右縁の下端から第5肋間隙で左鎖骨中線の近くに向かう線
  • 心臓の左縁:上縁と下縁を外側に凸となる曲線で結んだ線

機能血管

動脈

静脈

心臓の栄養動脈 (M.92)

  • 洞房結節枝
  • 右縁枝
  • 後下行枝 = 後室間枝
  • 房室結節枝
  • 左前下行枝
  • 対角枝
  • 回旋枝
  • 左縁枝


心臓の栄養静脈 (M.95)

心臓の静脈の特徴

心音の聴診

心臓の生理

  • 酸素供給能 = 心臓の送血能 x 血液のHb量 x (動脈の酸素飽和度(肺) - 静脈の酸素飽和度(末梢))
  • 心臓の酸素消費量と仕事



枝」

  [★]

branchramus
枝分れ部門ブランチ分岐部分枝




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡