上前腸骨棘

出典: meddic

anterior superior iliac spine ASIS
spina iliaca anterior superior
腸骨棘、spina malleolar distance


筋の付着

靭帯の付着



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

和文文献

  • Interparietal herniaの1例
  • 藤野 明浩,平林 健,羽金 和彦
  • 日本小児外科学会雑誌 46(4), 783-786, 2010-06-20
  • … 我々は鼠径ヘルニアの稀な1亜型であるinterparietal herniaの1例を経験したので報告する.症例は2か月男児.主訴は,啼泣時に出現する,左鼠径部から左上前腸骨棘上に渡る腹壁の膨隆及び左陰嚢空虚.超音波及びCT検査にて,内鼠径輪付近をヘルニア門とし腹壁筋層内に広がるヘルニア及び左停留精巣と診断され,9か月時に根治術が施行された.手術所見では,左内鼠径輪より腹腔外へ突出したヘルニア嚢が外鼠径輪を通過せず頭側の …
  • NAID 10027658388
  • Multidetector-row CTを用いた外側大腿回旋動脈系の解剖学的検討
  • 原口 和也,門田 聡,保阪 善昭
  • 昭和医学会雑誌 70(2), 143-148, 2010
  • … 38症例を対象として外側大腿回旋動脈系の解剖学的評価Multidetector-row CT(MDCT)を用いて行った.外側大腿回旋動脈が分岐する形態は3種類に,大腿外側体表面近傍へむけて走行する血管は3群に分類できた.上前腸骨棘から外側大腿回旋動脈までの距離に男女間有意差はなかった.本研究ではMDCTにより,外側大腿回旋動脈系の直径2mm程度の血管まで描出可能であり,撮影条件や造影剤の注入速度を調節することにより皮膚 …
  • NAID 130000852897
  • 症例報告 フィギュアスケート選手における上前腸骨棘付着部周囲筋の肉離れの治療経験
  • 藤本 大介,福吉 正樹,永井 教生 [他]
  • 整形外科リハビリテーション学会学会誌 12, 77-80, 2009
  • NAID 40017350779

関連リンク

皮下に触知できる骨隆起部 前方 → 上前腸骨棘、腸骨稜、恥骨結合 側方 → 大腿骨大 転子 後方 → 上後腸骨棘、尾骨、坐骨結節. 2.股関節を囲む軟部組織 鼡径靭帯、長内 転筋、縫工筋に囲まれた部位をスカルパ三角といい、この中に大腿骨頭が存在します ...
2011年11月12日 ... もっとマニアックに言うとすればいわゆる腰骨の「角(かど)」の事を「上前腸骨棘(じょう ぜんちょうこつきょく)」と呼び、少し見つけにくいのですが腰骨の後ろにある出っ張りを「 上後腸骨棘(じょうごちょうこつきょく)」と呼ぶんですが、その高さの差 ...

関連画像

肋骨、上前腸骨棘、上後腸骨棘 現代医学的鍼灸治療15 歳 の 男子 中学生 バス ケ 部 上前腸骨棘の場所上前 腸 骨棘 剥離 骨折 向って 腸 骨棘 裂 離 骨折 疲労 骨折  上前 腸 骨棘 上 後 腸 骨棘 の


★リンクテーブル★
リンク元下肢の筋」「腹部」「大腿筋膜張筋」「マックバーニー圧痛点」「鼡径靭帯
拡張検索上前腸骨棘裂離骨折
関連記事前腸」「骨棘」「腸骨棘」「腸骨」「

下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


腹部」

  [★]

abdomen

腹部の9つの領域

M.111
RH right hypochondriac 右下肋部 E epigastric 上胃部 LH left hypochondriac 左下肋部
RL right lumbar 右側腹部 U umbilical 臍部 LL left lumbar 左側腹部
RI right inguinal 右鼡径部 P pubic 恥骨部 LI left inguinal 左鼡径部
  • 器官や痛みの位置を記載するため

腹腔を仕切る2つの面

腹部の4つの領域

(M.112)
右上腹部 右上腹部
右下腹部 右下腹部
  • 身体所見を記述するために、4つの領域で分ける
  • 水平面
  • 垂直面
    • 正中面で正中を通り、身体の左右両半に分ける


大腿筋膜張筋」

  [★]

tensor fasciae latae muscle (N,KA,KH)
tensor fasciae latae (K,KL)
tensor of fascia lata (M)
股関節の筋>股関節の運動に関与する筋、下肢の筋大殿筋中殿筋小殿筋
tensor fascia latae muscles

-臀部の外側部

  • 大腿筋膜に包まれている

起始

停止

  • 脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して)

神経

機能

  • 大腿筋膜の緊張、大腿の屈曲・外転・内旋
  • 大腿の屈筋であり、腸腰筋と一緒に作用
    • 股関節の屈筋群は大腿後面に終止しているので、股関節で外旋してしまう。そこで、大腿筋膜張筋が働くことでこの外旋を防ぐ。
  • 大腿筋膜張筋は大腿筋膜腸脛靭帯を緊張させ、立位で大腿骨を脛骨の上に支持するのを助ける

カテゴリ

下肢帯の筋>:下肢帯の筋

tensor muscle of fascialata
tensor fascia latae muscles


マックバーニー圧痛点」

  [★]

McBurney's point, McBurney point
McBurney圧痛点マックバーニー点マックバーネー点
ランツ圧痛点キュンメル圧痛点圧痛点
急性虫垂炎上前腸骨棘
[show details]
  • 右上前腸骨棘とを結ぶ線分上であって、これを3等分したとき、右上前腸骨棘より外側1/3の点

参考

  • 1.
[display]http://pk5oku.blog76.fc2.com/blog-entry-143.html


鼡径靭帯」

  [★]

inguinal ligament (KH), inguinal ligaments
ligamenta inguinale
プーパル靱帯 プーパル靭帯 Poupart's ligament Poupart靭帯 Poupart ligament鼠径靭帯
大腿輪大腿管裂孔靭帯鼡径三角下肢筋群



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


上前腸骨棘裂離骨折」

  [★]

avulsion fracture of the anterior superior iliac spine
上前腸骨棘

前腸」

  [★]

foregut, pre-enteron
[[]]
腹腔動脈 foregut 前腸に由来する臓器(下気道()、食道下部、胃、十二指腸肝臓胆嚢膵臓)、脾臓
stomach to proximal duodenum; liver, gallbladder, pancreas
上腸間膜動脈 midgut distal duodenum to proximal 2/3 of transverse colon
下腸間膜動脈 hindgut distal 1/3 of transverse colon to upper portion of rectum



骨棘」

  [★]

bone spur, spur
骨増殖体 osteophyte, spicules



腸骨棘」

  [★]

iliac spine
spina iliaca
寛骨腹部


腸骨」

  [★]

iliac bone
os ilium
寛骨





棘」

  [★]

spike
てんかん性異常脳波





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡