一次線維素溶解

出典: meddic

一次線溶

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

線溶機序と制御機構 止血のためのフィブリン血栓でも,それが長く残存すると,血流を障害し病的血栓の原因と成りかねない.そこで生体には,血管内に生じたフィブリン(線維素)を徐々に溶解して除去する線維素溶解機構(線溶 ...
線溶とは、線維素溶解の略語で、線維素とはフィブリンのことである。従って線溶とはフィブリン分解を意味し、フィブリン分解反応の活性化メカニズムが線溶活性化機序である。

関連画像

一歩一歩学ぶ生命科学a. 組織 止血機構と制御機構のバランス 活性化した外因系と内因系とは 出血から血管の修復まで 一般 線維素溶解(線溶)系-1


★リンクテーブル★
リンク元一次線溶
関連記事線維素溶解」「一次」「溶解

一次線溶」

  [★]

primary fibrinolysis
一次線維素溶解
二次線溶
[show details]


線維素溶解」

  [★]

英:fibrinolysis
線溶/線溶現象フィブリン溶解/フィブリン溶解現象線維素溶解現象
PT.264
  • プラスミンによるフィブリンの溶解
  • 組織の血餅を数日かけて除く
  • フィブリンはプラスミンによりX,Y,D,Eの4破片に分解される。



一次」

  [★]

(順番)primary、(次元)first-order
一次的一級原発性主要初生第一次第一級プライマリプライマリー原発


溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡