一次感覚ニューロン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • W2-3  免疫性末梢神経疾患の病態と自己抗体
  • 楠 進
  • 日本臨床免疫学会会誌 36(5), 334-334, 2013
  •  免疫性末梢神経疾患では,しばしば自己抗体がみられる.ガングリオシドを含む糖脂質や糖タンパクの糖鎖を認識する抗体は,ギラン・バレー症候群(GBS)とその亜型,およびIgM M蛋白を伴うニューロパチー(IgM-N)で高頻度にみられる.GM1,GalNAc-GD1a等に対する抗体は,純粋運動型あるいは軸索障害型のGBSにみられる.大型の一次感覚ニューロンに局在するGD1bに特異的な抗体は運動失調を伴う …
  • NAID 130003383019
  • 痒みの発生機序と鎮痒薬の薬理
  • 倉石 泰
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(4), 160-164, 2012-04-01
  • 痒みは,皮膚表層の生体防御感覚であり,マスト細胞,ケラチノサイト,T細胞,一次感覚ニューロンなどが産生・放出するアミン,ペプチド,サイトカイン,プロテアーゼ,脂質メディエーターなど多種多様な因子が起痒因子となる.痒みの受容にTRPV1チャネルを発現する一次感覚ニューロンが重要な役割を果たす.すなわち,TRPV1チャネルは起痒因子による一次感覚ニューロンの発火に関与する.一次感覚ニューロンのガストリ …
  • NAID 10030572452
  • 三叉神経領域における神経因性疼痛と炎症性疼痛の治療標的としての電位依存性カリウムチャネル
  • 武田 守,坪井 美行,北川 純一,中川 量晴,岩田 幸一,松本 茂二
  • 日本口腔顔面痛学会雑誌 4(1), 1_35-45, 2011
  • 三叉神経系における神経損傷/炎症動物モデルを用いた,これまでの多くの研究において,一次感覚ニューロンの興奮異常が引き金となり二次ニューロン以降の疼痛伝達路に影響を及ぼすことが知られている.これらの変化が病的疼痛の一つであるアロディニアの原因となることが示唆されている.一次感覚ニューロンの過興奮に複数のタイプの電位依存性イオンチャネルが関わることが知られているが,中でも,電位依存性K<Sup& …
  • NAID 130004953521

関連リンク

関連画像

一次と二次侵害受容ニューロン  ニューロン・運動ニューロンを一次ニューロンの側枝の 終末 きゃばりこ記。 : 脊髄内@痛み


★リンクテーブル★
リンク元一次求心線維
関連記事ニューロン」「一次」「感覚」「一次感覚」「ニューロ

一次求心線維」

  [★]

primary afferent fiber
一次感覚ニューロン


ニューロン」

  [★]

neuron, nerve cell
神経細胞、神経元?、神経単位?

組織学

構造

分類




一次」

  [★]

(順番)primary、(次元)first-order
一次的一級原発性主要初生第一次第一級プライマリプライマリー原発


感覚」

  [★]

sensation, esthesia, sense



一次感覚」

  [★]

primary sensory
一次知覚


ニューロ」

  [★]

neuro
神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3