ヴィーンF

出典: meddic

ヴィーン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アミノ酸前投与は術中体温低下を防止できるか
  • 小林 玲音
  • 昭和医学会雑誌 71(1), 56-63, 2011
  • 全身麻酔中の体温の低下により出血量増加,術後感染,周術期心筋梗塞など多くの合併症が発症する.従って,温風吹送式加温器や特殊な被覆類を用いて対処しているが,使用台数が制限され,操作が煩雑であるため常時施行するのは難しい.一方,術中に投与するだけで術中の体温の低下が軽減すると報告されているアミノ酸製剤の輸液は安価で,特殊な操作も一切不要なため簡便である.しかし,その投与によって血清インスリン値が上昇し …
  • NAID 130002149951
  • 人間と機械の60年の歩み フレッド・H・コルヴィン自伝-2-

関連リンク

ヴィーンF輸液
【最新の回答】電解質組成(mEq/L) Na+130、K+4、Ca2+3、Cl-109、CH3COO-28 でリンゲル液に似て この場合Clを抑えるためにアセテート(酢酸)リンゲル液となります。 ちなみにヴィーンDは ...
ヴィーンF注 (酢酸リンゲル液) [効]輸液療法では細胞外液量の確保が最も重要で,まず最初にその是正が考慮されるべきだといわれる。すなわち組織代謝の維持又は生体機能のhomeostasis維持のためには,いわゆる機能的細胞外液量を正常に ...

関連画像

 で の 価格 ヴィーン f 注 1300アヴリル ラ ヴィーン 更新 日時 2011 01 12 薬価 1 瓶 161 アダムとベハティは今春に ヴィーンF注 1L

添付文書

薬効分類名

  • 血液代用剤

販売名

ヴィーンF注

組成

有効成分(500mL中)

  • 塩化ナトリウム 3.0g
    塩化カリウム 0.15g
    塩化カルシウム 0.10g
    酢酸ナトリウム 1.90g

添加物

  • 塩酸(pH調整剤) 適量

電解質組成(mEq/L)

  • Na:130
    K:4
    Ca2+:3
    Cl:109
    CH3COO:28

効能または効果

  • 循環血液量及び組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正、代謝性アシドーシスの補正
  • 通常、成人1回500mL〜1,000mLを点滴静注する。
    投与速度は1時間あたり10mL/kg体重以下とする。
    なお、年齢、症状、体重に応じて適宜増減する。

慎重投与

  • 腎疾患に基づく腎不全のある患者〔酸塩基平衡の異常、電解質異常が起こることがある。〕
  • 心不全のある患者〔体液量の過剰により心負荷を起こすことがある。〕
  • 高張性脱水症の患者〔細胞内、組織間液が増加し浮腫を起こすことがある。〕
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者〔体液量が過剰となることがある。〕

薬効薬理

  • 出血性ショック下のビーグル犬に本剤を投与し、代謝性アシドーシス及び糖尿病状態に対する効果について検討した12)
  • 本剤投与後、低下したpHは漸次上昇し、Base Excess(B.E.)は投与直後より上昇が認められた。乳酸値は漸次低下し、動脈血炭酸ガス分圧(PaCO2)は漸次上昇する傾向を示した。低下したHCO3-は投与後に漸次上昇した。
  • 上昇傾向がみられた血糖値は、本剤投与と共に低下し、投与後60〜90分で脱血前値に復し、インスリン値は本剤投与後に漸次低下した。
    収縮期血圧及び拡張期血圧は本剤の投与により漸次上昇し、投与後90分においてほぼ脱血前値に復し、腎動脈血流量及び椎骨動脈血流量は漸次増加し、心拍数に変化はみられなかった。
    血中Na濃度は低下傾向、血中K濃度は上昇傾向を示したが、投与後15分には脱血前値に復し、血中Cl濃度の著明な変化は認められなかった。
    また、低下していた尿量は本剤投与によって漸次増加した。
  • 雑種成犬を対象に、体外循環下の希釈液として用いた酢酸リンゲル液の効果を乳酸リンゲル液と比較検討した結果、循環動態(血圧、心拍数及びCVP)、動脈血ガス分析(PaO2、PaCO2)、酸塩基平衡(補正B.E.、補正HCO3-)は乳酸リンゲル液群と有意差は認められず、遊離脂肪酸は本剤群が有意に低値を示し、脂肪酸動員の抑制を示した。動脈血乳酸値は本剤に比し乳酸リンゲル液群が体外循環直後に高値となり、L/P比は生理食塩液に比し有意に低値を維持した13)


★リンクテーブル★
リンク元リンゲル液
関連記事F」「ヴィーン」「f

リンゲル液」

  [★]

Ringer solution Ringer's solution, Ringer injection
solutio Ringeri, natrii chlonidi injectio composita
リンガー液リンゲル溶液Ringer液Ringer溶液
アルスロマチックニソリMニソリ・SニソリペロールラクトリンゲルリナセートヴィーンFヴィーンD


組成

  • 本剤は1容器(500mL)中に次の成分を含有する注射液である。
  • 塩化ナトリウム 4.3g
  • 塩化カリウム 0.15g
  • 塩化カルシウム水和物 0.165g

電解質濃度

  • Na+ 147mEq/L
  • K+ 4mEq/L
  • Ca2+ 4.5mEq/L
  • Cl- 155.5mEq/L

性状

  • 本剤は、無色澄明の注射液である。
  • pH 約6.4(製造直後の平均実測値)、5.0~7.5(規格値)

浸透圧比

  • 約1(生理食塩液に対する比)

参考

  • リンゲル液「オーツカ」(500mL瓶)/ *リンゲル液「オーツカ」(500mL袋)
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3319539A1023_1_05/3319539A1023_1_05?view=body


F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f

ヴィーン」

  [★]

f」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「farad / forte」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡