ワルチン-スタリー染色

出典: meddic

関連リンク

染色一覧. ワルチン・スタリー法(ケル変法)Warthin-Starry(Kerr). 画像の説明 方法. 脱 パラ、水洗、蒸留水; 1%硝酸銀液(43℃、60分); 現像液(1~7分) 切片の着色を見 ながら淡褐色になるまで、黒色調を帯びない前に止める(対照標本を鏡検して スピロヘータ ...
コンキャナバリンAパラドックス(ConA)染色. 組織内病原体の染色. チール・ネルゼン 染色 · グロコット染色 · グラム染色(Hucker-Conn 法)) · オルセイン染色 · グリドリー変 法(クロム酸・シッフ反応) · ワルチン・スタリー染色. 組織内血液細胞の染色. ギムザ染色 ...

関連画像

ISH法による染色組織染色用の銀染色キット  疾患で頻用される特殊な染色円柱細胞表層に羽毛状の構造が


★リンクテーブル★
関連記事ルチン」「染色

ルチン」

  [★]

rutin
ルトシド rutoside
ビタミンP


染色」

  [★]

staining
染色法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡