レリ

出典: meddic

Leri
レリ徴候


和文文献

  • 欧州 ドイツが牽引するも1%の低成長 南欧の回復脆弱でデフレリスクも (経済大予測2014) -- (世界の潮流)
  • グレーリストを用いたホワイトリスト/ブラックリストの自動生成によるマルウェア感染検知方法の検討
  • 角田 朋,大鳥 朋哉,藤井 康広,谷口 信彦,木城 武康
  • 情報処理学会研究報告. SPT, セキュリティ心理学とトラスト 2014-SPT-10(16), 1-7, 2014-06-26
  • 近年のインターネットの普及によりネットワーク人口が増加し,それに伴い,ネットワーク上の犯罪行為とされるサイバー攻撃手法も洗練され,マルウェアなどの侵入を防止することが困難になってきている.そこで,マルウェアに侵入された場合の実被害を最小限に抑えるために,できるだけ早くマルウェア感染を検知する技術が注目されてきている.しかし,一般的な対策の一つである,マルウェアがアクセスする悪性の Web サイト …
  • NAID 110009804703
  • グレーリストを用いたホワイトリスト/ブラックリストの自動生成によるマルウェア感染検知方法の検討
  • 角田 朋,大鳥 朋哉,藤井 康広,谷口 信彦,木城 武康
  • 情報処理学会研究報告. CSEC, [コンピュータセキュリティ] 2014-CSEC-66(16), 1-7, 2014-06-26
  • 近年のインターネットの普及によりネットワーク人口が増加し,それに伴い,ネットワーク上の犯罪行為とされるサイバー攻撃手法も洗練され,マルウェアなどの侵入を防止することが困難になってきている.そこで,マルウェアに侵入された場合の実被害を最小限に抑えるために,できるだけ早くマルウェア感染を検知する技術が注目されてきている.しかし,一般的な対策の一つである,マルウェアがアクセスする悪性の Web サイト …
  • NAID 110009804652

関連リンク

「レリ」さんのプロフィール Sign up with Twitter Sign up with Google Sign up with Facebook It's just a few simple steps! Register for a FREE pixiv account! Enhance your pixiv experience! Log in to pixiv Sign up with Google Sign up ...
レリ @8Leli8 Aug 11 入稿できた 2 retweets 2 likes Reply Retweet 2 Retweeted 2 Like 2 Liked 2 More Copy link to Tweet Embed Tweet レリ @8Leli8 Aug 10 skypeでチャット専の片岡あゆみさんとさぎょいぷしてます。夏コミの 1 like ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗てんかん剤
  • 躁病・躁状態治療剤
  • 片頭痛治療剤

販売名

バレリン錠100mg

組成

成分・含量

  • 1錠中バルプロ酸ナトリウム100mg

添加物

  • 部分アルファー化デンプン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、合成ケイ酸アルミニウム、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、精製白糖、マクロゴール6000、酸化チタン、カルナウバロウ

禁忌

  • 重篤な肝障害のある患者〔肝障害が強くあらわれ、致死的になるおそれがある。〕
  • 本剤投与中はカルバペネム系抗生物質(パニペネム・ベタミプロン、メロペネム、イミペネム・シラスタチン、ビアペネム、ドリペネム、テビペネム ピボキシル)を併用しないこと〔「相互作用」の項参照〕
  • 尿素サイクル異常症の患者〔重篤な高アンモニア血症があらわれることがある。〕

効能または効果

各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)及びてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療

躁病及び躁うつ病の躁状態の治療

片頭痛発作の発症抑制


片頭痛発作の発症抑制

  • 本剤は、片頭痛発作の急性期治療のみでは日常生活に支障をきたしている患者にのみ投与すること。

各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)及びてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療

躁病及び躁うつ病の躁状態の治療

〔錠100mg及び錠200mgの場合〕

  • 通常1日量バルプロ酸ナトリウムとして400〜1,200mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。
    ただし、年齢・症状に応じ適宜増減する。

〔シロップ5%の場合〕

  • 通常1日量8〜24mL(バルプロ酸ナトリウムとして400〜1,200mg)を1日2〜3回に分けて経口投与する。
    ただし、年齢・症状に応じ適宜増減する。

片頭痛発作の発症抑制

〔錠100mg及び錠200mgの場合〕

  • 通常1日量バルプロ酸ナトリウムとして400〜800mgを1日2〜3回に分けて経口投与する。
    なお、年齢・症状に応じ適宜増減するが、1日量として1,000mgを超えないこと。

〔シロップ5%の場合〕

  • 通常1日量8〜16mL(バルプロ酸ナトリウムとして400〜800mg)を1日2〜3回に分けて経口投与する。
    なお、年齢・症状に応じ適宜増減するが、1日量として20mL(バルプロ酸ナトリウムとして1,000mg)を超えないこと。


慎重投与

  • 肝機能障害又はその既往歴のある患者〔肝機能障害が強くあらわれるおそれがある。〕
  • 薬物過敏症のある患者
  • 自殺企図の既往及び自殺念慮のある躁病及び躁うつ病の躁状態の患者〔症状が悪化するおそれがある。〕
  • 以下のような尿素サイクル異常症が疑われる患者〔重篤な高アンモニア血症があらわれるおそれがある。〕
  • 原因不明の脳症もしくは原因不明の昏睡の既往のある患者
  • 尿素サイクル異常症又は原因不明の乳児死亡の家族歴のある患者


重大な副作用

重篤な肝障害

  • 劇症肝炎等の重篤な肝障害、黄疸、脂肪肝等を起こすことがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

高アンモニア血症を伴う意識障害

  • 高アンモニア血症を伴う意識障害があらわれることがあるので、定期的にアンモニア値を測定するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

溶血性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、血小板減少、顆粒球減少

  • 溶血性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、重篤な血小板減少、顆粒球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

急性膵炎

  • 急性膵炎があらわれることがあるので、激しい腹痛、発熱、嘔気、嘔吐等の症状があらわれたり、膵酵素値の上昇が認められた場合には、本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性腎炎、ファンコニー症候群

  • 間質性腎炎、ファンコニー症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN) 、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

過敏症症候群

  • 過敏症症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、初期症状として発疹、発熱がみられ、さらにリンパ節腫脹、肝機能障害、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現等の症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、発疹、発熱、肝機能障害等の症状が再燃あるいは遷延化することがあるので注意すること。

脳の萎縮、認知症様症状、パーキンソン様症状

  • 脳の萎縮、認知症様症状(健忘、見当識障害、言語障害、寡動、知能低下、感情鈍麻等)、パーキンソン様症状(静止時振戦、硬直、姿勢・歩行異常等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
    なお、これらの症状が発現した例では中止により、ほとんどが1〜2カ月で回復している。

横紋筋融解症

  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビンの上昇等が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム量の増加、高張尿等があらわれた場合には、水分摂取の制限等の適切な処置を行うこと。

間質性肺炎、好酸球性肺炎

  • 間質性肺炎、好酸球性肺炎があらわれることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT等の検査を実施すること。間質性肺炎、好酸球性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • バルプロ酸ナトリウムはマウスで最大電撃けいれんやペンテトラゾール、ストリキニーネ、ピクロトキシン、ビククリン等によるけいれんに対して抑制作用を示す21)
    また、kindling preparation(ネコ)を用いた実験では、へん桃核発作の発展に対する予防効果及びへん桃核発作や側頭葉皮質焦点発作に対する抑制効果を示す22)
    本剤の投与による聴原性けいれん予防効果(マウス)23)あるいは最大電撃けいれん抑制作用(マウス)24)と関連して脳内γ-アミノ酪酸(GABA)濃度の上昇がみられ、本剤の作用機序の一つとして脳内GABA濃度に対する影響が示唆されている。
    躁病の動物モデルと考えられる、デキサンフェタミンとクロルジアゼポキシドとの併用投与により生じる自発運動亢進作用を有意に抑制する(マウス、ラット) 25)
    抗躁作用26)及び片頭痛発作の発症抑制作用27)についてもGABA神経伝達促進作用が寄与している可能性が考えられている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • バルプロ酸ナトリウム Sodium Valproate

化学名

  • Monosodium 2-propylpentanoate

分子式

  • C8H15NaO2

分子量

  • 166.19

性状

  • 白色の結晶性の粉末である。水に極めて溶けやすく、エタノール(99.5)又は酢酸(100)に溶けやすい。吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みレリ徴候
拡張検索アニレリジン」「ボレリア感染症」「酢酸ソマトレリン

レリ徴候」

  [★]

Leri sign
レリ反射 Leri reflex前腕反射 forearm wrist reflex



アニレリジン」

  [★]

anileridineanileridine hydrochloride
塩酸アニレリジン


ボレリア感染症」

  [★]

Borrelia infection
ボレリア感染Borrelia感染症


酢酸ソマトレリン」

  [★]

somatorelin acetate
ソマトレリン





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡