レクリエーション療法

出典: meddic

recreational therapy
レクリエーション


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 屋外自然空間を用いたレクリエーション療法4症例の効果
  • 若野 貴司,末吉 勝則,石川 治
  • 人間・植物関係学会雑誌 10(2), 27-33, 2011-03-31
  • NAID 40018971145
  • 精神科リハビリテーションとしてのレクリエーション療法の再生と評価に関する研究
  • 河野 あゆみ,松田 光信
  • 日本精神保健看護学会誌 17(1), 24-33, 2008-05
  • 本研究の目的は、精神科病棟に入院中の精神疾患患者の様々な集団に適応でき、臨床看護師が実践可能な治療的要素をもつレクリエーション療法をプログラミングして実践し、それを患者の視点から評価することである。研究方法は、本プログラムに参加した患者43名9グループを対象に、半構成的面接を行い、内容分析を行った。結果、レクリエーション療法の評価に関する762のコードから97の項目を抽出した。項目から<運営 …
  • NAID 110008145425

関連リンク

レクリエーション療法 目的 レクリエ-ションには本来休息した後の人間性の回復、労働意欲の向上という意味があり、患者の精神活動を活発にしたり、長い入院生活によって生じるホスピタリズムを防ぐ目的をもっている。
大辞林 第三版 レクリエーション療法の用語解説 ... (C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。

関連画像

⑤ レクリエーション療法 認知症の人のレクリエーション Recreation(レクリエーション 2)レクリエーション療法 (レクリエーション療法周辺症状に対する治療


★リンクテーブル★
国試過去問097A045
リンク元recreational therapy
関連記事」「療法

097A045」

  [★]

  • 18歳の男子。両下腿部が細くなったことを主訴に来院した。12歳ころからつまずきやすかった。四肢遠位部に筋萎縮、前脛骨筋に高度の筋力低下、下腿三頭筋と手指筋とに軽度の筋力低下がある。足部に軽度の感覚障害を認める。正中神経の運動神経伝導速度は35m秒(基準50~60)。なお、父親にも同様の症状を認める。適切な対応はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097A044]←[国試_097]→[097A046

recreational therapy」

  [★] レクリエーション療法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3