レオポルド触診法

出典: meddic

レオポルド手技

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • レオポルド触診法 (特集 ビジュアルで理解,ドリルで確認 周産期ケアの基本手順(1)妊娠・分娩編)
  • 濱田 恵美子
  • ペリネイタル・ケア 28(4), 376-378, 2009-04
  • NAID 40016590883

関連リンク

・妊娠後期に、胎児の位置や大きさをみる方法である。 ・第3段法は胎児先進部が骨盤内に進入する以前で、骨盤内に進入後は第4段法を用いる。 第1段法 ・子宮底の高さ、胎児部分をみる。 第2段法 ・胎位、胎向、胎勢、羊水量 ...
Ⅰ,レオポルド触診法 【概要】 子宮の大きさ・形、子宮壁・腹壁の厚さ、胎位・胎向・胎勢、胎動、胎児の大きさ・数、羊水の多少、陣痛、の観察を目的とする。妊娠12週~施行可。 【方法】 第1段法(子宮底と胎位の診断) 妊婦足側に ...
3、 手順[第一段]① 妊婦と対面する状態で腰の近く(妊婦の右側)に立つ。② 両手の指尖をあわせて少し湾曲させ、小指側を子宮底部置き、静かに圧する。③ 子宮底の位置(高さ)、形、胎児部分の種類を観察す...

関連画像

内診時や娩出時には、必ず レオポルド 触診 法 練習 用 レオポルド 触診 法 子宮 底 長 臨床 18 55 本日 唐突 に 臨床 妊娠期子宮 底 の 高さ 胎児 部分 の


★リンクテーブル★
先読みレオポルド手技
リンク元児頭骨盤不均衡
関連記事」「触診法

レオポルド手技」

  [★]

Leopold maneuver, Leopold's maneuver
レオポルド四段触診法


  • 胎位、胎向、胎勢を母体腹部触診により知る方法。
  • 妊娠中期(あるいは、妊娠第7月頃)から触知できる。
G10M.196
  • レオポルド触診法は妊娠28週以降(第8月以降、妊娠後期以降)に第1-3段を、37週以降(第10月の2週目)
第1段:子宮底の高さ、胎児子宮底側が頭部か臀部か
第2段:胎位、胎向
第3段:胎児先進部が頭部か臀部か
第4段:骨盤内進入状況。胎児下降度
第1~3段では検者は妊婦の頭方に向かって立ち(すなわち患者の足元の方にいる)、第4段では検者は妊婦の足方に向かって立つ(患者の頭方にいる)。

国試


児頭骨盤不均衡」

  [★]

cephalopelvic disproportion, CPD
児頭骨盤不適合
狭骨盤

検査

触診

  • レオポルド触診法第4段:児頭の浮動
  • ザイツ法:(+)

X線写真


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


触診法」

  [★]

palpation
[[]]






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡