ルフィニ終末

出典: meddic

 Ruffini ending  SP.225  真皮下層や皮下組織にある小胞に囲まれた神経終末  メルケル盤床となり、真皮層に存在するので、やや遠い部位に加わった変位でも興奮する

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/10 01:50:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-03 ネコ前肢皮膚ヒダにおけるルフィニ終末の三次元構造と超微形態(皮膚,一般演題,第48回日本組織細胞化学会総会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー) 第39回日本臨床分子形態学会総会 合同学術集会)
  • 熊本 賢三,鈴木 かおり,鈴木 真亜沙,小池 太郎,榎原 智美
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (48), 74, 2007-09-28
  • NAID 110006654376
  • ラットの再植歯歯根膜の修復過程における神経繊維および機械受容終末の動態に関する免疫組織化学的研究
  • 南 清隆
  • 日本歯科保存学雑誌 43(2), 390-397, 2000-04-30
  • NAID 10007352154

関連リンク

真皮下層や皮下組織に分布する。 メルケル触盤: 圧力に対し遅く順応し、持続的な皮膚 への圧力によく反応する。主に表皮に分布する。 ルフィニ終末: 圧力に対し遅く順応し 、持続的な皮膚の変形などによく反応する。主に真皮に分布する。 自由神経終末 ...

関連画像

 小体、ルフィニ小体、自由神経図3.ルフィニ終末


★リンクテーブル★
リンク元機械受容器
関連記事終末

機械受容器」

  [★]

mechanoreceptor
受容器




表在機械受容器

SP.225
順応の速さ 非常に早い
無毛部 メルケル盤 マイスネル小体 パチニ小体
ルフィニ終末
有毛部 ピンカス小体 マイスネル小体 パチニ小体
ルフィニ終末 毛包受容体
機能 皮膚変位の大きさ 皮膚変位の速さ 皮膚変位の加速度
PT.129
  神経線維 感覚の種類 局在
触圧覚 振動
メルケル盤   無毛部 表皮胚芽層
マイスネル小体 無毛部 真皮乳頭
ピンカス小体   有毛部 真皮乳頭
毛包受容体   有毛部 毛根
ルフィニ終末     真皮・皮下組織
パチニ小体   皮下組織
自由神経終末     真皮
  • 自由神経終末はC線維?感覚種によってAδ線維かC線維かが違う?(PT.129とSP.227を比較)

深部機械受容器

  • 筋紡錘 Ia線維
  • Golgiの腱器官 Ib線維
  • 関節受容器


終末」

  [★]

endingterminalterminally
最後終端ターミナル末期末端末端側




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3