リン酸エステル

出典: meddic

phosphatephosphoesterphosphoric acid ester, phosphoric ester, phosphate ester
有機リン酸塩リン酸リン酸塩有機リン酸ホスフェートフォスフェート


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/26 17:41:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 クリンダマイシンリン酸エステルによる接触皮膚炎の1例
  • リン酸エステル化法によるセルロースナノファイバーの製造と今後の展開
  • 高エネルギー密度リチウムイオン電池の安全性技術 (ICTが拓くスマートエネルギーソリューション特集 : ICTとエネルギーの融合を目指して) -- (技術開発・標準化)

関連リンク

酸性リン酸エステル その他リン化合物 ベンゾトリアゾール系化合物 その他 用途別製品一覧 樹脂添加剤 潤滑油添加剤 防錆剤 その他 気化性防錆材 ラン・ラン 新規開発品 受託製造 採用情報 ...
上記の米国EPAによる検討時に、芳香族リン酸エステルの生殖毒性と発達毒性に関しても論議されています。いかなる芳香族リン酸エステルについても、それらの曝露による生殖毒性と発達毒性を証明する情報はありませんでした。

関連画像

リン酸エステルの画像 p1_30リン酸エステルの画像 p1_17 酸性リン酸エステルの生成 リン酸エステル 包装写真リン酸エステルの画像 p1_5リン酸エステルの画像 p1_23


★リンクテーブル★
リンク元phosphate」「phosphoric acid ester」「有機リン酸」「ホスフェート」「フォスフェート
拡張検索三リン酸エステル」「五リン酸エステル」「カプリン酸エステル」「リボフラビンリン酸エステルナトリウム
関連記事リン」「エス」「」「リン酸

phosphate」

  [★]

  • n.
inorganic phosphateorthophosphateorthophosphoric acidphosphophosphoesterphosphoricphosphoric acidphosphoric acid esterphosphorus

WordNet   license wordnet

「a salt of phosphoric acid」
orthophosphate, inorganic phosphate

WordNet   license wordnet

「carbonated drink with fruit syrup and a little phosphoric acid」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉リン酸塩 / 《複数形で》リン酸肥料」

phosphoric acid ester」

  [★]

  • (化合物)リン酸エステル
organic phosphateorganophosphatephosphatephosphoester


有機リン酸」

  [★]

organophosphateorganic phosphate
有機リン有機リン酸塩リン酸エステル

ホスフェート」

  [★]

phosphate
リン酸リン酸エステルリン酸塩フォスフェート

フォスフェート」

  [★]

phosphate
リン酸リン酸エステルリン酸塩ホスフェート

三リン酸エステル」

  [★]

triphosphate
  • (三リン酸直列)triphosphate、(エステル3つ)trisphosphate
三リン酸三リン酸塩

五リン酸エステル」

  [★]

pentakisphosphate
五リン酸


カプリン酸エステル」

  [★]

caprate
カプリン酸


リボフラビンリン酸エステルナトリウム」

  [★]

riboflavin sodium phosphate


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡