リン化合物中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 溶解性の異なる有機リン化合物中毒における脂質代謝への影響
  • 冨田 友美子,山中 すみへ
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19, 375, 1996-08-01
  • NAID 10002915212
  • 有機リン化合物の中毒に対する各種オキシム剤の効果
  • 山中 すみへ,須山 祐之,西村 正雄
  • 日本衛生学雑誌 43(3), 707-716, 1988
  • Various organophosphorus compounds, particularly those with low acute toxicity levels, such as Fenitrothion (common name; Sumithion), Fenthion (common name; Baycid) and Pyridaphenthion (common name; O …
  • NAID 130000999565

関連リンク

有機リン農薬の中毒症状 家庭用の農薬で多く使われているのが有機リン化合物。 安価で効き目が強い。 だが最近は慢性中毒が指摘されている。 海外では使用が禁止されている国も多い。
概説 英名・略語:organic phosphates intoxication 別名:有機リン中毒、有機リン系殺虫剤中毒 類似疾患:カーバメイト中毒 殺虫剤などに使用されている有機リン系の化合物による中毒。殺虫剤が散布された植物などを誤って食べること ...

関連画像

1)内藤裕史:中毒百科、改定 パラチオンは「P=S結合」を有 有機リン化合物 排水:有機リン 有機リン化合物及びこれを含む


★リンクテーブル★
関連記事リン」「中毒」「化合」「」「化合物

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




化合」

  [★]

combination
組み合わせ配合併用合併コンビネーション組合せ


毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


化合物」

  [★]

compound
コンパウンド配合複方




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡