リンパ行性転移

出典: meddic

lymph node metastasislymph node metastaseslymphatic metastasislymphogenous metastasis
転移リンパ節転移リンパ性転移




和文文献

  • 膀胱全摘術後9年目に残存尿道および鼡径リンパ節へ再発した膀胱癌の1例
  • 小幡 淳,菊地 栄次,金子 剛,宮嶋 哲,亀山 香織,陣崎 雅弘,大家 基嗣
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 34-38, 2011-01-20
  • … 頭部の発赤を認め,生検したところ,UCの病理像であった.Gemcitabine,Paclitaxelによる全身化学療法を4コース施行した.その後も鼡径リンパ節腫脹,リンパ浮腫を伴う左下肢蜂窩織炎を発症した.尿道再発巣からのリンパ行性転移により鼡径リンパ節腫脹が繰り返し生じている可能性が考えられ,陰茎部分切除術および鼡径リンパ節郭清術を施行した.膀胱全摘,舟状窩までの尿道摘除後に残存尿道へ再発し,鼡径リンパ節転移を呈した …
  • NAID 110008440746
  • 肛門周囲膿瘍様の肛門転移を来した直腸癌の1切除例
  • 八木 寛,瀧井 康公,亀山 仁史
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 63(8), 494-498, 2010-08-01
  • … 直腸癌の肛門転移は全直腸癌の1%以下と非常に稀とされている.肛門転移の機序としては血行性,リンパ行性転移が多いがその他に口側の原発巣から遊離した癌細胞が肛門側腸管の痔瘻や手術瘢痕などの粘膜損傷部にimplantationすることにより転移を来した症例が報告されている.症例は70歳男性.検診で直腸Raに進行2型直腸癌を指摘され,低位前方切除術施行された.外来にて経過観察していたが,術後6カ月で肛門皮 …
  • NAID 10026524693
  • 胸椎転移により脊髄圧迫を生じたと考えられた皮膚有棘細胞癌
  • 春山 護人,杉田 和成,川上 千佳,中村 元信,戸倉 新樹
  • 産業医科大学雑誌 32(2), 155-159, 2010-06-01
  • … 皮膚有棘細胞癌は,リンパ行性転移をきたしやすいことで知られているが,脊椎への転移は極めて稀である.今回我々は,皮膚有棘細胞癌の胸椎転移例を経験したので報告する.症例は,73歳男性.2005年11月に右4趾皮膚有棘細胞癌に対して,原発部の切除と右鼠径リンパ節郭清術を施行した(T2N1M1).以後3年間,多発リンパ節転移に対して,ペプロマイシン投与とCAV療法(シスプラチン,アドリアマイシン,フィルデシン),さらには放射線治 …
  • NAID 110007618645

関連リンク

国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスのウェブサイトです ... リンパ行性転移(りんぱこうせいてんい) がん細胞が最初に発生した場所(原発巣(げんぱつそう))から、リンパ管に入り込み、リンパ液の流れ ...
リンパ行性転移 胃癌転移でもっとも多いリンパ行性転移 胃癌の癌細胞の転移には「リンパ行性転移(リンパ節転移)」「血行性転移」、「腹膜転移」があります。 この中で最も多いのが 「リンパ行性転移」 です。 胃の中の粘膜層は ...

関連画像

骨転移の転移経路による分類 リンパ節転移.png図2)乳がんの転移大腸がんの特徴は悪性度が低く  リンパ行性転移はまず被膜下にリンパ行性転移


★リンクテーブル★
国試過去問081C030
リンク元リンパ節転移」「lymph node metastases」「lymph node metastasis」「リンパ性転移」「リンパ管内蔓延
関連記事転移」「リン」「リンパ

081C030」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

リンパ節転移」

  [★]

lymph node metastasislymph node metastasesmetastases to lymph nodes、metastasis of the lymph node
リンパ行性転移転移



lymph node metastases」

  [★] リンパ節転移リンパ行性転移

lymph node metastasislymphatic metastasismetastases to lymph nodes

lymph node metastasis」

  [★]

lymph node metastaseslymphatic metastasismetastases to lymph nodes

リンパ性転移」

  [★]

lymphatic metastasis
リンパ行性転移


リンパ管内蔓延」

  [★]

lymphatic permeation
リンパ行性転移

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡