リンパ管侵襲

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃癌における Chromosomal Instability の臨床的意義
  • 内山 哲史,古屋 智子,中島 正夫,足立 淳,内迫 博幸,佐々木 功典
  • 山口医学 61(4), 135-140, 2012-11-01
  • … においてそれぞれの染色体数とその染色体数を有する細胞の数を計測し,染色体のモード値以外の染色体数を有する細胞の割合(variant fraction:VF)を算出することによりCINを評価した.壁深達度,リンパ節転移,リンパ管侵襲,静脈侵襲が進むにつれてCINは大きくなる傾向が認められた.CIN1:VF<0%,CIN2:20%≦VF<40%,CIN3:40%≦VFと定義して層別化し,Kaplan-Meier法による生存分析を行った.7番染色体においてCIN1に比べCIN3で(p=0.0385),17番染色 …
  • NAID 10031081992
  • リンパ管侵襲陽性であった胃粘膜内癌の1例
  • 森島 大雅,石川 英樹,大塚 裕之,清野 隆史,古川 和宏,片山 雅貴
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 54(9), 3131-3135, 2012-09-20
  • NAID 10031122068
  • リンパ管侵襲陽性であった胃分化型粘膜内癌の1例
  • 青木 敬則,野村 昌史,三井 慎也,田沼 徳真,金子 昌史,友成 暁子,山崎 大,永井 一正,真口 宏介,篠原 敏也
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 54(5), 1633-1637, 2012-05-20
  • … .精査の結果,分化型の粘膜内癌と診断し,ESDを施行した.病理組織学的には深達度Mの高分化管状腺癌であったが,粘膜内のリンパ管に癌の浸潤を認めた.幽門側胃切除術(D1+α郭清)を追加したが,腫瘍の遺残はなかった.<BR>M,Post,Type 0-I,18×17mm,tub1,pT1a(M),ly1,v0,pN0(0/23),pPM0(60mm),pDM0(80mm),Stage IAと最終診断した.リンパ管侵襲陽性の分化型粘膜内癌は稀であり,貴重な症例と考えられた. …
  • NAID 10030961120

関連リンク

【件名】 リンパ管侵襲と再発のリスク 【相談内容】 昨年9月に充実腺乳癌温存手術を受けました。リンパ転移はなかったのですが、リンパ管浸潤と言われました。ホルモン感受性どちらもマイナス、悪性度2、ステージ2ーAです。
リンパ管侵襲 (りんぱかんしんしゅう) 切除したがん組織の中に含まれるリンパ管の中に、がん細胞が入り込んでいることを、リンパ管侵襲といい、がんが周囲組織のどこまで広がっているかを測る指標のひとつです。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ly
関連記事リン」「侵襲」「リンパ

ly」

  [★]

リンパ管侵襲
  • 病理診断による腫瘍細胞のリンパ管への浸潤の程度。
  • ly0~ly3。ly0はなし。ly1,2,3はそれぞれ軽度、中等度、高度。


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





侵襲」

  [★]

invasioninsultaggressioninfestationinsult
観血式感染寄生攻撃性傷害浸潤侵入発作外寄生


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡