リンク

出典: meddic

検索エンジン

  • Google
http://www.google.com

辞書

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/psearch/

英英

  • THE FREE DICTIONARY
http://www.thefreedictionary.com/
医学用語辞典もあるよ。発音記号付き。重い
  • Dictionary.com
http://dictionary.reference.com
発音記号付き。重い

なんでもかんでも

  • bab.la
http://ja.bab.la
重いし使いづらい

百科辞典

  • ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/

医学用語辞典

  • ライフサイエンス辞書
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/service/weblsd/index.html
  • 英辞朗
http://www.alc.co.jp/

医学一般(教科書的な位置づけ)

  • Mymed
http://www.mymed.jp/search.php

個人

  • 医学ノート Ver.2
[1]
  • 電子医学ノート
[2]

データベース

  • ライフサイエンス分野のデータベースについての情報が収集、整理、分類されている
[3]

医薬品

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療機器情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/
医薬品の添付文書がPDFで手にはいるよ。ところで、こんな独法初耳・・・
  • 日本医薬品一般名称データベース
http://jpdb.nihs.go.jp/jan/Default.aspx
一般名がしりたーいってときに使う

ケミカル

  • 化合物検索(英語)
[4]

動画

  • YOUTUBE
http://www.youtube.com
異常運動を呈する疾患は動画を見た方が理解が進むことがある

その他

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/10 17:27:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • Wikipediaの言語間比較による差異情報抽出手法の提案
  • 藤原 裕也,灘本 明代
  • 情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告 2011-IFAT-103(3), 1-8, 2011-07-26
  • … ける日本の伝統文化の紹介の差異情報を抽出し提示するシステムを提案する.具体的には,ユーザの入力した日本の伝統文化の日本語 Wikipedia と英語 Wikipedia を比較しその差分情報を提示する.この時,情報の粒度の違いから,複数の日本語 Wikipedia の記事と英語 Wikipedia の記事を比較対象とする.本論文では,この比較対象の範囲を Wikipedia のリンク構造を用いて決定する手法の提案及び多言語間の差分情報抽出手法の提案を行う. …
  • NAID 110008583032
  • Wikipediaの言語間比較による差異情報抽出手法の提案
  • 藤原 裕也,灘本 明代
  • 情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2011-DBS-152(3), 1-8, 2011-07-26
  • … ける日本の伝統文化の紹介の差異情報を抽出し提示するシステムを提案する.具体的には,ユーザの入力した日本の伝統文化の日本語 Wikipedia と英語 Wikipedia を比較しその差分情報を提示する.この時,情報の粒度の違いから,複数の日本語 Wikipedia の記事と英語 Wikipedia の記事を比較対象とする.本論文では,この比較対象の範囲を Wikipedia のリンク構造を用いて決定する手法の提案及び多言語間の差分情報抽出手法の提案を行う. …
  • NAID 110008583011
  • 日本語版Wikipediaの専門分野比較
  • 山村 あずさ,芳鐘 冬樹
  • 情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告 2011-CH-91(3), 1-6, 2011-07-23
  • … 本研究では,日本語版 Wikipedia において,図書館情報学と結晶成長学の専門用語の釈義を観察し,分野による違いを探る.そのために,Wikipedia 記事の文字,画像,表,数式,出典,リンク,見出しを計量し,分野ごとに因子分析を行い比較した.その結果,図書館情報学は,文章による説明の多い傾向と,数式による説明の多い傾向が分かれていることなどが明らかになった.これは,分野の特色が Wikipedia の記事にも表れていることを示唆して …
  • NAID 110008584085
  • LLVMを用いたオブジェクトファイルの細分化
  • 河合 夏輝,笹田 耕一
  • 情報処理学会研究報告. [システムソフトウェアとオペレーティング・システム] 2011-OS-118(22), 1-12, 2011-07-20
  • … 本稿では,ソースコードをコンパイル,リンクした際に得られる実行ファイルや共有ライブラリといったオブジェクトファイルを,小さな起動プログラムと多数の共有ライブラリに分割する機構について,その手法と設計を述べる.一般に,プログラムを実行する際には,ストレージなどに置かれた実行ファイルをページ単位でロードする.これに対して,我々の分割機構を用いてプログラムを関数単位で分割することにより,プロ …
  • NAID 110008583286

関連リンク

株式会社リンクは、専用レンタルサーバ「at+link 専用サーバサービス」をはじめ、E ビジネスサイト構築のサービスを提供いたします。 ... あるがままの姿で自然と共生できる持続可能な酪農。安心・安全なホンモノの乳製品をお届け!
リンクとは、文書内に埋め込まれた、他の文書や画像などの位置情報。ハイパーリンクを用いて複数の文書、および関連する画像などのオブジェクトを関連付けたシステムをハイパーテキストという。WWWはハイパーテキストの代表例で、Web ...
他のページや他のサイトにリンクするには <a> を用います。 <a href="http://www.tohoho-web.com/how2/link.htm">リンク</a> ジャンプ先が同じサイトの場合は http://~ を省略することができます。 <a href="/how2/link.htm">リンク</a> ジャンプ ...
在外公館(大使館、総領事館など)、駐日外国公館、駐日国際機関については、 ホームページへのリンクに加え、住所・電話番号も確認できます。

関連画像

添付文書

薬効分類名

  • 気道潤滑去痰剤

販売名

グリンクール錠15mg

組成

  • グリンクール錠15mgは、1 錠中アンブロキソール塩酸塩15.0mgを含有する。
    添加物として、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物、無水リン酸水素カルシウムを含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • ○下記疾患の去痰
    急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、塵肺症、手術後の喀痰喀出困難
  • ○慢性副鼻腔炎の排膿
  • 通常、成人には1回1錠(アンブロキソール塩酸塩として15.0mg)を1日3回経口投与する。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。

重大な副作用

  • (頻度不明)
  • ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状(発疹、顔面浮腫、呼吸困難、血圧低下等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群):皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アンブロキソール塩酸塩(Ambroxol Hydrochloride)

化学名

  • trans-4-[(2-Amino-3, 5-dibromobenzyl) amino]cyclohexanol hydrochloride

分子式

  • 1318Br22O・HCl

分子量

  • 414.56

性状

  • アンブロキソール塩酸塩は白色の結晶性の粉末で、においはなく、わずかに特異な味がある。本品はメタノールにやや溶けやすく、水又はエタノール(99.5)にやや溶けにくく、酢酸(100)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融点

  • 約235℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元Streptococcus bovis」「X連鎖性遺伝病」「このホームページの使い方」「TNF受容体関連因子2」「α溶血性連鎖球菌
拡張検索ソフトドリンクケトーシス
関連記事リン

Streptococcus bovis」

  [★]

Streptococcus bovis
ストレプトコッカス・ボビス
感染性心内膜炎連鎖球菌属、D群連鎖球菌



★リンクテーブル★
リンク元α溶血性連鎖球菌」「連鎖球菌属」「ストレプトコッカス・ボビス
関連記事streptococcus」「bovis

α溶血性連鎖球菌」

  [★]

α-hemolytic streptococcus
連鎖球菌属



★リンクテーブル★
先読み連鎖球菌属
リンク元α溶血性
関連記事溶血」「溶血性連鎖球菌」「連鎖」「」「溶血性

連鎖球菌属」

  [★]

Streptococcus
ストレプトコッカス属Streptococcusストレプトコッカス連鎖球菌

概念

  • 増殖に際して二連、レンサ上に配列する球形、卵円系のグラム陽性球菌の総称 (SMB.243)
  • 連鎖球菌は属名なので、連鎖球菌属(Streptococcus属)
  • グラム陽性球菌
  • 通性嫌気性菌:糖を発酵分解、乳酸を産生。
  • カタラーゼ非産生 ← ブドウ球菌属との判別に利用

分類

溶血の性状による分類

  • ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類
  • α溶血性:不完全溶血。緑色不透明環
  • γ溶血性:非溶血性

β溶血性連鎖球菌の分類(ランスフィールドの群別, SMB.244)

細胞壁の構成成分である多糖抗原の違いにより分類





α溶血性」

  [★]

alpha-hemolytic
[[]]

溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome


溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


溶血性連鎖球菌」

  [★]

hemolytic streptococcus, (pl.)hemolytic streptococci
溶連菌溶血性レンサ球菌溶血レンサ球菌溶血連鎖球菌
連鎖球菌A群連鎖球菌B群連鎖球菌

溶血性の分類

ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類


連鎖」

  [★]

linkagelink、(化学)catenationlinked
関連結合結びつける連関連結連接リンク連鎖性連鎖的関連づけるカテネーション
遺伝子対立遺伝子



菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物

溶血性」

  [★]

hemolytichaemolytic
溶血


連鎖球菌属」

  [★]

Streptococcus
ストレプトコッカス属Streptococcusストレプトコッカス連鎖球菌

概念

  • 増殖に際して二連、レンサ上に配列する球形、卵円系のグラム陽性球菌の総称 (SMB.243)
  • 連鎖球菌は属名なので、連鎖球菌属(Streptococcus属)
  • グラム陽性球菌
  • 通性嫌気性菌:糖を発酵分解、乳酸を産生。
  • カタラーゼ非産生 ← ブドウ球菌属との判別に利用

分類

溶血の性状による分類

  • ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類
  • α溶血性:不完全溶血。緑色不透明環
  • γ溶血性:非溶血性

β溶血性連鎖球菌の分類(ランスフィールドの群別, SMB.244)

細胞壁の構成成分である多糖抗原の違いにより分類





ストレプトコッカス・ボビス」

  [★] Streptococcus bovis


★リンクテーブル★
リンク元Streptococcus bovis
関連記事レプ

Streptococcus bovis」

  [★]

Streptococcus bovis
ストレプトコッカス・ボビス
感染性心内膜炎連鎖球菌属、D群連鎖球菌


レプ」

  [★]

roentgen equivalent physical
ラド rad


streptococcus」

  [★]

WordNet   license wordnet

「spherical Gram-positive bacteria occurring in pairs or chains; cause e.g. scarlet fever and tonsillitis」
streptococci, strep

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「連鎖球菌」

bovis」

  [★]



X連鎖性遺伝病」

  [★]



★リンクテーブル★
リンク元伴性劣性遺伝病」「X連鎖遺伝病
関連記事連鎖」「X」「遺伝」「遺伝病」「

伴性劣性遺伝病」

  [★]

sex-linked recessive disorder
伴性劣性遺伝

定義

  • 性染色体上に存在する単一遺伝子の異常によって発症する遺伝病

伴性遺伝病

  • Y連鎖性遺伝病:Y染色体に存在する単一遺伝子の異常により発症




★リンクテーブル★
先読み伴性劣性遺伝
リンク元X連鎖劣性遺伝病」「X連鎖遺伝病」「発端者法
関連記事遺伝」「遺伝病」「劣性」「伴性」「

伴性劣性遺伝」

  [★]

sex-linked recessive inheritance
X連鎖劣性遺伝 X-linked recessive inheritance


X連鎖劣性遺伝病」

  [★]

X-linked recessive disorder
伴性劣性遺伝病X連鎖遺伝病


X-linked recessive disorders (first aid step p.109)


Female carriers of X-linked recessive disorders are rarely affected because of random inactivation of X chromosomes in each cell.

X連鎖遺伝病」

  [★]

X-linked genetic disease
伴性遺伝病伴性劣性遺伝病

X連鎖遺伝病



発端者法」

  [★]

proband method
プロバンド法
発端者遺伝病伴性劣性遺伝病


遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。



遺伝病」

  [★]

hereditary disease, genetic disease


代表的な遺伝病

常染色体劣性

劣性」

  [★]

recessivenessrecessiveinferiorrecessively
下位下方劣る劣性遺伝性


伴性」

  [★]

sex linkagesex-linkedX-linked
X染色体連鎖X連鎖X連鎖性X連鎖型

病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


X連鎖遺伝病」

  [★]

X-linked genetic disease
伴性遺伝病伴性劣性遺伝病

X連鎖遺伝病



連鎖」

  [★]

linkagelink、(化学)catenationlinked
関連結合結びつける連関連結連接リンク連鎖性連鎖的関連づけるカテネーション
遺伝子対立遺伝子



X」

  [★] キサントシン, xanthosine

WordNet   license wordnet

「the 24th letter of the Roman alphabet」
x, ex

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Christ / Christian」

遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。



遺伝病」

  [★]

hereditary disease, genetic disease


代表的な遺伝病

常染色体劣性

病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


このホームページの使い方」

  [★]


来て、見て、使う


It comes, it sees, and it uses it.


來,看,使用


良くある質問

  • Q1. 検索した言葉と違う結果が表示されるのはなぜですか?
Q1. The different results show that the search term and why?


  • A1. 「未知の問題を既知の事実から類推して問題解決する」というコンセプトだからです。
A1. "Solve problems by analogy with the known facts of an unknown problem" because it is the concept.


  • 世の中には分からないことがたくさんありますが、それは既知の事実の組み合わせで解決することができると考えます。
There are many things in this world know, believe it can be solved by a combination of known facts.


So, "It is thought that it can be solved by combining the known truth though there are a lot of things that do not understand in the world. " also search for the word translated as know, to be able to provide information that will help solve problems .


  • 人の頭の中でも分からない言葉が出てきたら、このように類推しますよね。
If you come across the words in your head even know who, right this way can guess.


  • 実際的には、次のような場面を想定しています。例えばこのような医学用語「abdominal gas eliminator」が分からなかったとします。
In fact, we assume the following situation. Such a medical term such as " Abdominal Gas Eliminator "and know that.


  • 検索するとデータベースにはないのでドンピシャリの結果は表示されませんが「abdominal(=腹部の)」「GAS」「gas(ガス、気体)」「g」「eliminator(駆除薬、駆除剤)」が表示されます。
Don smack in the database because it is not the result of a search will not be displayed "abdominal (= abdomen)" "GAS" "gas (gas, gas)" "g" "eliminator (drug removal, pesticides)," The appears.


  • それで、たぶん腸管ガスを排出する促進薬なのであろうと推測できるわけです。
So you can only guess would be a likely stimulant to bowel gas emissions.

概要


翻訳

  • googleのサービスを利用し、コンテンツを海外に発信します。

また、外国語での医学用語が分かるかも知れません。

検索

  • 記事名でサイト内検索を行います。

関連情報の検索

リンク

  • 医学用語に関係のある外部リンクを表示します。(記事とマッチしないことがあります。)

画像

  • 医学用語に関係のある画像します(記事とマッチしないことがあります。)

★リンクテーブル★

左メニュー

  • 常に表示されます

★リンクテーブル★とは

What is link table
  • 「未知の問題を既知の事実から類推して問題解決する」というコンセプトの元に開発しています。与えられたキーワードに対して問題解決のヒントとなるような情報を表示しています。画面のみやすさ(レイアウト)も考慮していますので、以下全ての情報が表示されるわけではありません。
This pages develops in the origin of the concept "Solve the problem analogizing an unknown problem from the known truth". It is information that displays information that becomes the hint of the problem solving for the given key word looking for. It is not because all the following information is displayed considering the layout of the screen.


  • 関連記事
Related article
  • 多くの場合英単語の活用形を表示します。cookであれば、cooks, cooking, cookedなどです。
In many cases, the inflection of the English word is displayed. In case of cook, This page displays cooks, cooking, and cooked, etc.


  • 拡張検索
Enhancing retrieval
  • 検索語が含まれる用語を表示します。
The term where the retrieval word is included is displayed.


  • リンク元
Link origin
  • リンクされている用語を表示します
Terms that have linked are displayed.


  • 国試過去問
Past examination paper
  • 医師国試過去問からリンクされている用語を表示します。あるい疾患の典型例を知る上で役に立ちます。また、どういう選択肢で使われる傾向にあるかを知ることができます。
Terms that have been linked 'past examination paper' are displayed. Or, it is useful knowing the classic example of the disease. Moreover, it can know whether to tend to be used by what choices.


  • 先読み
Lookahead
  • 記事中に含まれるリンク先の記事を先読みします。多くは、「英訳」、「日訳」、「同義語」のページです。
The article on linked Websites included in the article is read ahead. Many are pages of "English translation", "Day translation", and "Synonym".

目的別

医学用語の意味を探す

  • 意味については、めでぃっくmeddic.jp内に掲載ページが少ないと思います。


  • Google、Wikipedia 日本語/英語のリンクをたどると良いでしょう。


英語の場合

  • 栄二郎(正式名称忘れた)、ライスサイエンス辞書、英英辞典を使うのが吉です。リンクにも掲載しました。


分野別で探す

  • 医学・医療:トップページから医学分野別、診療科別に分類されています。


  • 薬学:薬理学のページで薬品が分類されています。


キーワード検索機能で探す

  • 画面の右上に「検索ボックス」がありますので、そこに、キーワードを入力して「表示」か「検索」ボタンを押します。


  • 「検索ボックス」にはサジェスト機能というものががあって、例えば、「あ」という言葉一文字を入れるだけで、関連した単語が表示されます。


編集者別で探す

現在対応していません。


サイトマップで探す

現在、鋭意作成中です。



★リンクテーブル★
関連記事ホーム」「ホームページ

ホーム」

  [★]

home
在宅

ホームページ」

  [★]

homepagehome page


TNF受容体関連因子2」

  [★]

TNF receptor-associated factor 2TRAF2


★リンクテーブル★
リンク元TRAF2」「TNF receptor-associated factor 2
関連記事受容体」「関連」「T」「TNF受容体関連因子」「受容

TRAF2」

  [★]

TNF receptor-associated factor 2

TNF receptor-associated factor 2」

  [★]

TNF受容体関連因子2

TRAF2

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける

T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

TNF受容体関連因子」

  [★]

tumor necrosis factor receptor-associated factorTNF receptor-associated factorTRAF
腫瘍壊死因子受容体関連因子TNFレセプター関連因子

受容」

  [★]

accept
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


α溶血性連鎖球菌」

  [★]

α-hemolytic streptococcus
連鎖球菌属



★リンクテーブル★
先読み連鎖球菌属
リンク元α溶血性
関連記事溶血」「溶血性連鎖球菌」「連鎖」「」「溶血性

連鎖球菌属」

  [★]

Streptococcus
ストレプトコッカス属Streptococcusストレプトコッカス連鎖球菌

概念

  • 増殖に際して二連、レンサ上に配列する球形、卵円系のグラム陽性球菌の総称 (SMB.243)
  • 連鎖球菌は属名なので、連鎖球菌属(Streptococcus属)
  • グラム陽性球菌
  • 通性嫌気性菌:糖を発酵分解、乳酸を産生。
  • カタラーゼ非産生 ← ブドウ球菌属との判別に利用

分類

溶血の性状による分類

  • ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類
  • α溶血性:不完全溶血。緑色不透明環
  • γ溶血性:非溶血性

β溶血性連鎖球菌の分類(ランスフィールドの群別, SMB.244)

細胞壁の構成成分である多糖抗原の違いにより分類





α溶血性」

  [★]

alpha-hemolytic
[[]]

溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome


溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


溶血性連鎖球菌」

  [★]

hemolytic streptococcus, (pl.)hemolytic streptococci
溶連菌溶血性レンサ球菌溶血レンサ球菌溶血連鎖球菌
連鎖球菌A群連鎖球菌B群連鎖球菌

溶血性の分類

ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類


連鎖」

  [★]

linkagelink、(化学)catenationlinked
関連結合結びつける連関連結連接リンク連鎖性連鎖的関連づけるカテネーション
遺伝子対立遺伝子



菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物

溶血性」

  [★]

hemolytichaemolytic
溶血


ソフトドリンクケトーシス」

  [★] ペットボトル症候群

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5?4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡