リポ蛋白質(a)

出典: meddic

リポ蛋白(a)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スフィンゴシン-1-リン酸 (生理活性脂質)
  • 血小板活性化因子アセチルヒドロラーゼ (生理活性脂質)
  • ポルフィロモナス・ジンジバリスの表面蛋白質の輸送と局在化に関する研究
  • 庄子 幹郎
  • 日本細菌学雑誌 67(3), 245-255, 2012
  • … 次に,本菌の線毛について,その主要構成蛋白質は輸送する過程において,リポ蛋白質としての中間体を経た後,菌体表面にあるアルギニン特異的蛋白質分解酵素によって,成熟化して重合が開始することを明らかにした。 …
  • NAID 130002108533

関連リンク

臨床的意義 LDLを構成するアポ蛋白B-100にアポ蛋白(a)が結合したもの。動脈硬化の独立した危険因子だが個人差が大。 リポ蛋白(a)「Lp(a)」はリポ蛋白の亜型であり、低比重リポ蛋白(LDL)の一部を構成しているアポ蛋白B ...
Lp(a)とは 血清リポ蛋白(a)( Lp(a) )は動脈硬化の独立した危険因子として,最近急激に注目を集めているリポ蛋白です.この高値と心血管障害などの血栓性疾患や動脈硬化性疾患との強い関連性が多く報告されています.しかも,総 ...

関連画像

Imagesリポ蛋白 - 知識の泉リポタンパク質代謝と高脂血症 リポ蛋白質 (リポたんぱくしつ 1.カイロミクロンそれが、「リポたんぱく質

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みリポ蛋白(a)
拡張検索リポ蛋白質(a)測定法
関連記事蛋白質」「as」「A」「白質」「ad

リポ蛋白(a)」

  [★]

lipoprotein (a), lipoprotein(a) Lp(a)
リポ蛋白Aリポタンパク質(a)リポプロテイン(a)
LDLHDL
[show details]



  • リポタンパク質の一つ。密度で分画したときに出現する。
  • LDLにアポリポタンパク質Bを介してアポリポタンパク質(a)が結合している。
  • 動脈硬化の危険因子とされる
  • 血中濃度:は糖尿病↑、腎疾患↑、高中性脂肪血症↓、HMG-CoA reductase→、ニコチン酸系薬



リポ蛋白質(a)測定法」

  [★]

determination of lipoprotein(a)


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








as」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…と)『同じくらい』,『同様に』 / 《比較》『…ほど』,『…くらい』,…ように / 《様態・程度》『…のように』,…と同じように / 《時》『…のときに』(when);…の間に,…するうちに(while) / 《話》《原因・理由》『…だから』,…なので / 《譲歩》《文》…だけれども(though) / 《先行する名詞の内容を制限して》『…のような』 / 《先行の,または後続の節の内容を受けて》『それは…だが』,…のように / 《役割・資格・機能などを表して》『…として』 / 《seem,appear,consider,pass,regard,treat,know,think of などの動詞の後で補語の働きをする語の前に置いて》…と[して] / 《前置詞・形容詞・分詞などの前に置いてその意味を限定して》…として[の],…とみなして,…と考えて / たとえば(for instance)」


A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


ad」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a public promotion of some product or service」
advertisement, advertizement, advertising, advertizing, advert

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《話》広告(advertisementの略)」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡