リポ蛋白質

出典: meddic

リポ蛋白

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/14 00:58:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スフィンゴシン-1-リン酸 (生理活性脂質)
  • 血小板活性化因子アセチルヒドロラーゼ (生理活性脂質)
  • ポルフィロモナス・ジンジバリスの表面蛋白質の輸送と局在化に関する研究
  • 庄子 幹郎
  • 日本細菌学雑誌 67(3), 245-255, 2012
  • … 次に,本菌の線毛について,その主要構成蛋白質は輸送する過程において,リポ蛋白質としての中間体を経た後,菌体表面にあるアルギニン特異的蛋白質分解酵素によって,成熟化して重合が開始することを明らかにした。 …
  • NAID 130002108533

関連リンク

リポタンパク質 リポタンパク質 脂質は油であるため、水に溶けることができない。そのため、脂質を血液中に溶かすための特別な輸送系が必要となる。これがリポタンパクであり、脂質はアポタンパクと結合してリポタンパクとして ...
表2 高脂血症の分類 型 I IIa IIb III IV V 増加するリポ蛋白 CM LDL LDLとVLDL IDL VLDL CMとVLDL 増加する脂質 C C↑~ ↑↑↑ ↑↑ ↑↑ ~↑ ↑ TG ↑↑↑ ~↑ ↑↑ ↑↑ ↑↑

関連画像

リポタンパク質は密度の違いに リポタンパク質の代謝概要f)リポタンパク質の代謝リポタンパク質リポタンパク質にはそれを構成 リポタンパク質


★リンクテーブル★
リンク元リポ蛋白」「リポ蛋白X」「リポ蛋白(a)
拡張検索アポリポ蛋白質C」「家族性高密度リポ蛋白質欠損症」「家族性リポ蛋白質欠損症」「アポリポ蛋白質欠損症
関連記事蛋白質」「白質」「」「リポ

リポ蛋白」

  [★]

lipoprotein, LP
リポ蛋白質リポタンパクリポタンパク質リポプロテイン
アポリポ蛋白脂質異常症血漿リポタンパクリポプロテイン(a)
  • WIL.1595
密度
(g/mL)
電気移動度 産生部位 組成 主なアポ蛋白  




AI AII AIV B48 B100 CI CII CIII E apo(a)
Chylomicrons < 0.95 Origin 85            
Chylomicron remnants <1.006 Origin 60 20                    
VLDL <1.006 Pre-β 肝臓 55 20              
IDL 1.006-1.019 β VLDL由来 35 25                    
LDL 1.019-1.063 β IDL由来 60 5                      
HDL 1.063-1.210 α 肝臓、腸、血漿 5 20 25 50        
HDL2 1.063-1.125 α                              
HDL3 1.125-1.210 α                              
Lp(a) 1.050-1.090 α 肝臓 5 60                    
  • IDLをpre-Bとする文献もある。
WIL TABLE 36-3
リポ蛋白 AI AII AIV AV B100 B48 CI CII CIII E apo(a) D
平均血漿濃度 (mg/dL) 130 40 40 <1 85 Variable 6 3 12 5 Variable 10
染色体 11 1 11 11 2   19 19 11 19 6 3
分子量(kDa) ∼29 ∼17 (dimer) ∼45 39 ∼513 ∼241 ∼6.6 8.9 8.8 ∼34 ∼400-800 ∼20
ペプチドの長さ(a.a.) 243 77 376 343 4536 2152 57 79 79 299 4000-6000 169
主な合成部位 肝臓
小腸
肝臓 小腸 肝臓 肝臓 小腸 肝臓 肝臓 肝臓 肝臓

皮膚
精巣
脾臓
肝臓 肝臓
小腸
主な機能 ・HDLの構造蛋白
・LCATのCofactor
・コレステロールの逆転送に重要
・apo-Eの受容体への結合を妨げる
(E-AII複合体形成による)
・細胞からのコレステロールの流出を促進する
・LCATの活性化
・小腸からの脂質分泌を促進
・LPLを介した脂質分解の活性化
・肝でのVLDL合成を妨げる?
・VLDL・LDLの構造蛋白
・LDL受容体のリガンド
・カイロミクロンの構造蛋白 ・レムナントの受容体への結合を調節する
・LCATを活性化する
LPLのcofactor ・レムナントの受容体への結合を調節する
・LPLを阻害する
・LDLとレムナント受容体のリガンド
・局所の脂質の再配分
・コレステロール逆転送(apo-EをもったHDL)
血栓形成と線維素溶解を調節する LCATの活性化?
  • Functions and interrelationships of different classes of plasma lipoproteins

PNAS 1969 64:1128-1137

リポ蛋白の構成 QB CBT vol.1 p.140

  • コレステロールが多いのがLDL。トリグリセリドが除去されることでVLD L→ IDL → LDL
  • HDLは蛋白質が多い。HDLは末梢からコレステロールの逆転送のいわばキャリアーとなる。


参考

  • 1. リポ蛋白・コレステロールの代謝マップ
[display]http://www.jokoh.com/dandi/taisya.gif



リポ蛋白X」

  [★]

lipoprotein X, LpX, lipoprotein-X
リポ蛋白質
[show details]
  • 胆汁うっ滞をきたす病態において血漿中に増加が見られる異常リポ蛋白。


参考

  • 1. lipoprotein-X electrophoresis
[display]http://www.nature.com/ki/journal/v60/n2/fig_tab/4492450f1.html
  • 2. Lipoprotein-X and LCAT Deficiency Thomas Dayspring MD, FACP
[display]http://www.lipidcenter.com/pdf/LipoproteinX.pdf
  • 3. wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Lipoprotein-X
  • 4. Lipoprotein-X.
  • Narayanan S.AbstractLipoprotein-X is an abnormal lipoprotein that appears in the sera of patients with obstructive jaundice, and thus is a sensitive indicator of cholestasis. In patients with familial plasma lecithin, Cholesterol acyltransferase (LCAT) deficiency, there is an inverse relationship between plasma Lp-X levels and LCAT activity. Ultracentrifugation procedures utilized for isolation of Lp-X have shown that it is associated with the low density lipoprotein fraction. Lp-X can be visualized by electrophoresis on either Agar or Agarose. The purity of Lp-X preparations has been documented by immunochemical procedures. The availability of highly purified antisera to Lp-X has served as a basis of one of the assay procedures for this lipoprotein. It's chemical composition has been established. Phospholipids and unesterified cholesterol constitute the bulk of the Lp-X molecule. Electron microscopic studies have demonstrated that Lp-X is a spherical particle which has strong aggregating properties. Membrane bound enzymes have been shown to aggregate with Lp-X. The fact that bile lipoprotein can be converted to Lp-X by the addition of albumin and that Lp-X can be converted to bile lipoprotein by the addition of bile salts offers a possible explanation for the origins of Lp-X. Phospholipases of plasma might play a role in the catabolism of Lp-X. The value and limitations of Lp-X determinations will also be addressed in this review.
  • CRC critical reviews in clinical laboratory sciences.CRC Crit Rev Clin Lab Sci.1979 Aug;11(1):31-51.
  • Lipoprotein-X is an abnormal lipoprotein that appears in the sera of patients with obstructive jaundice, and thus is a sensitive indicator of cholestasis. In patients with familial plasma lecithin, Cholesterol acyltransferase (LCAT) deficiency, there is an inverse relationship between plasma Lp-X le
  • PMID 389551


リポ蛋白(a)」

  [★]

lipoprotein (a), lipoprotein(a) Lp(a)
リポ蛋白Aリポタンパク質(a)リポプロテイン(a)
LDLHDL
[show details]



  • リポタンパク質の一つ。密度で分画したときに出現する。
  • LDLにアポリポタンパク質Bを介してアポリポタンパク質(a)が結合している。
  • 動脈硬化の危険因子とされる
  • 血中濃度:は糖尿病↑、腎疾患↑、高中性脂肪血症↓、HMG-CoA reductase→、ニコチン酸系薬


アポリポ蛋白質C」

  [★]

apolipoprotein C
アポリポ蛋白CアポリポタンパクCアポリポタンパク質C


家族性高密度リポ蛋白質欠損症」

  [★]

familial high-density lipoprotein deficiency
タンジール病

家族性リポ蛋白質欠損症」

  [★]

familial lipoprotein deficiency


アポリポ蛋白質欠損症」

  [★]

apolipoprotein deficiency


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


質」

  [★]

quality
品質


リポ」

  [★]

lipo
脂肪




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3