リポタイコ酸

出典: meddic

lipoteichoic acid
タイコ酸
  • タイコ酸の組成とほぼ同じである。
  • グラム陽性菌が有する
  • 一端はペプチドグリカンの層に結合し、別の一端には脂肪酸が結合している。
  • その脂肪酸は細胞膜に挿入されている。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ショウジョウバエヘモサイトによる黄色ブドウ球菌貪食におけるDraper のリガンドとしてのリポタイコ酸の同定
  • 橋本 優実,Hashimoto Yumi
  • 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Jûzen Medical Society 119(2), 38-39, 2010-06
  • [博士課程優秀論文]第8回高安賞優秀賞受賞論文
  • NAID 120002439343
  • リンパ管内皮細胞のリポタイコ酸およびリポポリサッカライドによるCXCL11およびCX3CL1の産生誘導
  • 沢 禎彦,敦賀 英知
  • 福岡歯科大学学会雑誌 34(4), 125-132, 2008-12-31
  • … 本研究はリンパ管内皮細胞におけるリポタイコ酸(LTA)およびリポポリサッカライド(LPS)の炎症性ケモカインCXCL11,恒常性ケモカインCXCL12,また接着性ケモカインCX3CL1に関する発現誘導を調べた。 …
  • NAID 110007008224

関連リンク

タイコ酸と脂質の化合物はリポタイコ酸と呼ばれる。 タイコ酸は負の電荷を帯び、 グラム陽性細菌の細胞膜の電荷を負に保っている。 細胞構造の維持や抗原としての機能 を持っている可能性もある。 また、N-アセチルグルコサミンとN-アセチルムラミン酸の 間 ...

関連画像

PAB抗体による肉芽腫内アクネ菌 LTA由来糖脂質のTNF-α リポタイコ酸由来の糖脂質及び リポタイコ酸由来の糖脂質及び 新たな評価系を用いた食の ファイル:Bacterial cell wall.png


★リンクテーブル★
リンク元線毛」「タイコ酸
関連記事タイ」「」「リポ

線毛」

  [★]

pili pilus


通常線毛、菌体線毛

機能

  • 宿主の糖タンパク質あるいは糖脂質からなるレセプターを認識して付着
  • 感染の成立に関与
  • グラム陽性菌の付着はリポタイコ酸と上皮表面のフィブロネクチンの結合による
  • グラム陰性菌の付着はフィブロネクチンにより阻害される

性線毛

機能



タイコ酸」

  [★]

teichoic acid
リポタイコ酸
  • グラム陽性細菌が有する細胞壁の中に存在する


タイ」

  [★]

(国名)Thailand, (魚)sea bream
ゴウシュウマダイヨーロッパヘダイ


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リポ」

  [★]

lipo
脂肪




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡