リゾリン脂質

出典: meddic

lysophospholipid
ホスホリパーゼ


  • リゾリン脂質はその名の通り強い界面活性剤で、細胞膜を壊し細胞を溶かす。ハチ毒やヘビ毒にはホスホリパーゼA2が多量に含まれる (FB.154)
  • 虚血心筋でリゾリン脂質が蓄積するらしい(HIM.1412)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脂質メディエーターと骨代謝
  • 引地 尚子
  • 九州齒科學會雜誌 : Ky◆U016B◆sh◆U016B◆-Shika-Gakkai-zasshi 64(3), 59-65, 2010-10-25
  • NAID 10026983221
  • 小麦粉懸濁液の糊化過程におけるリン脂質の動態
  • 石永 正隆,トヘティ ルケアム,上田 愛子,大濱 恵,松田 悠衣,杉山 寿美
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 57(7), 288-295, 2010-07-15
  • … 液では,逆に常温抽出LPC量が熱抽出より高くなり,熱抽出のLPC量は粘度上昇中ほぼ一定であった.しかし,最高粘度に達した後,粘度が低下する段階では再び熱抽出量が常温抽出量より高くなった.他のリゾリン脂質も似たような変動を示した.また,糊化状態では,熱抽出LPCのパルミチン酸の割合は56.5%,常温抽出では37.2%だったが,リノール酸の割合は熱抽出で28%,常温抽出で51.9%であった.一方,n-acylphosphatid …
  • NAID 10026883387

関連リンク

通常リン脂質は2本の脂肪酸を持ちますが、生体内には脂肪酸を1本しか持たないリン脂質が存在し、リゾリン脂質と呼ばれています。リゾリン脂質にはその構造の違いから様々な種類がありますが(図1)、ここ数年の間の発見から ...
リゾホスファチジン酸 Lysophosphatidic acid:LPA リゾリン脂質メディエーター LPAとは、グリセロール骨格の1,2位に脂肪酸を持ち、3位にリン酸基を持つホスファチジン酸から脂肪酸が一つ解離したもの。 シグナリング分子の働きをする ...
私たちは、さまざまな生理的・病理的状況でリン脂質が分解され、“リゾリン脂質”と呼ばれる脂質が生産され、このリゾリン脂質がいろいろな役割を持っていることを明らかにしています。 例えば、リゾリン脂質の一種である ...

関連画像

リゾ リン脂質 含有 洗浄剤 Image 509.gif111リゾ リン脂質 生成 の 経 時


★リンクテーブル★
先読みホスホリパーゼ
リンク元ホスホリパーゼA2」「リゾホスホリピド」「lysophospholipid
拡張検索リゾリン脂質受容体」「リゾリン脂質レセプター
関連記事リン」「

ホスホリパーゼ」

  [★]

phospholipase, PL




ホスホリパーゼA2」

  [★]

phospholipase A2
  • リン脂質を加水分解し、脂肪酸リゾリン脂質を生成する
  • (高サイトカイン血症のなかで)膵酵素、エンドトキシン、顆粒球やマクロファージから産生されたホスホリパーゼA2により肺胞が障害される。(SSUR.626)

エイコサノイドの生合成 (GOO.653)

  • 細胞膜を構成するリン脂質や脂質複合体はホスホリパーゼA2によりを加水分解をうけ、アラキドン酸が産生される。


リゾホスホリピド」

  [★]

lysophospholipid
リゾホスファチジン酸リゾリン脂質

lysophospholipid」

  [★]

リゾリン脂質リゾホスホリピド

lysophosphatidic acid

リゾリン脂質受容体」

  [★]

lysophospholipid receptor
リゾリン脂質レセプター

リゾリン脂質レセプター」

  [★]

lysophospholipid receptor
リゾリン脂質受容体

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡