リコリン

出典: meddic

lycorine
ヒガンバナ、アルカロイド

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/08 23:42:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 詩選集と詩を読む人々
  • ケネス.O.アンダスン
  • 聖学院大学論叢 22(2), 139-155, 2010-03-31
  • 近年,出版された4つの詩選集は,詩が嫌いか読んだことがない、あるいは、詩に関心を持つことのなかった人々に対し,詩の魅力に触れる機会を提供することで,新たな読者を獲得することを共通の目的としている。本論文は,チェスワフ・ミウォシュ編『光輝くものの書?国際詩選集』(A Book of Luminous Things: An International Anthology of Poetry, 1996 …
  • NAID 110007572809

関連リンク

リコリン (lycorine) は、植物に含まれる有毒成分として知られるアルカロイドの一種で ある。 ヒガンバナ科の植物(ヒガンバナ、スイセンなど)に含まれるアルカロイドである、 ノルベラジンアルカロイドの範疇にある。催吐作用があり、多量に摂取すると死亡する。
ヒガンバナ(Lycoris radiata)の葉および鱗茎から,強い植物生育阻害活性を持つ物質 を単離した。主成分はアルカロイドのリコリンとクリニンである。リコリンの含有量が最も 多く,EC50(50 %生育阻害濃度)はレタス幼根伸長で2ppm,イネ根伸長で15ppmで ...

関連画像

痛快!ウンコマン・ブログ-お リコリン』の画像を検索 する リ コリン ピコリ トマト  リコリン(お供の小動物リコリン』の画像を検索 hqdefault.jpg


★リンクテーブル★
先読みアルカロイド
リンク元石蒜アルカロイド
関連記事リン」「コリン

アルカロイド」

  [★]

alkaloid
植物塩基 plant base


石蒜アルカロイド」

  [★]

bulbus lycoridis alkaloid
リコリン、ヒガンバナ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡