リガンド結合領域

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3.活性型ビタミンD_3の2α位の構造修飾とVDRリガンド結合領域に存在する水分子(water channel)との相互作用と生物活性(第321回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会)
  • 高野 真史,澤田 大介,橘高 敦史,杉浦 隆之,高木 健一郎,石塚 誠一,竹之内 一弥,角田 真二,上村 みどり,林 恵子,生城 真一,榊 利之
  • ビタミン 83(5・6), 328-329, 2009-06-25
  • NAID 110007338102
  • サイト別レイトシフト分析と3次元構造マッピングを用いた機能的重要残基の予測
  • 王 峰,岸野 洋久,和田 康彦
  • 佐賀大学農学部彙報 90, 31-44, 2005-01
  • … エストロゲン受容体αとβ間のリガンド結合領域における機能の相違をサイト別レイトシフ法で分析した。 …
  • NAID 40006919240
  • 2.seco-ステロイド骨格A環と側鎖の新たな構造修飾:ビタミンD受容体のアゴニストからアンタゴニストまで(脂溶性ビタミン総合研究委員会 第309回会議研究発表要旨)
  • 橘 敦史
  • ビタミン 78(10), 528-529, 2004-10-25
  • … この2α位の化学修飾により, ビタミンD受容体(VDR)はリガンド結合領域でリガンドの2α置換基と新たなvan der Waals相互作用や水素結合を獲得し, リガンドのVDR結合親和性を上げ, 生物活性の強化に繋がるものと考えられる. …
  • NAID 110002880345

関連リンク

リガンド結合部位 (Ligand binding site). リガンド結合部位とは、タンパク質の中で タンパク質がリガンドと相互作用している場所をいいます。 この場所に特定のリガンドが 結合して、特定の認識が行われ、その結果タンパク質の機能が発現するので、リガンド 結合 ...
リガンドが対象物質と結合する部位は決まっており、選択的または特異的に高い親和性 を発揮する。例えば、酵素タンパク質とその基質、ホルモンや神経伝達物質などの シグナル物質とその受容体などが顕著な例である。リガンドの代わりにはたらく薬物が ...

関連画像

 の 細胞 外 リガンド 結合 領域 リガンド 結合 領域 のDNAを挟み込むように結合する  レセプターリガンド結合領域の 結合している。緑色の3つの球図1 オピオイドリガンドと


★リンクテーブル★
リンク元リガンド結合ドメイン
関連記事結合」「リガンド」「結合領域」「ガン

リガンド結合ドメイン」

  [★]

ligand-binding domain
リガンド結合領域


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


リガンド」

  [★]

ligand
配位子結合子



結合領域」

  [★]

binding domain
結合ドメイン


ガン」

  [★]

cancer
がん




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡